--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/08/28

「回転ドアは、順番に」 穂村弘 東直子

回転ドアは、順番に (ちくま文庫 ほ 20-1)回転ドアは、順番に (ちくま文庫 ほ 20-1)
(2007/11)
穂村 弘東 直子

商品詳細を見る

★★★★☆

一組の男女の出会いから別れまでを、地の文を交えながら短歌で綴っていくこの作品。
穂村さんと東さんが、それぞれメールでやりとりしながら短歌を連ねたものを、一つのストーリーとして完成させたものだそうです。
地の文といっても、詩的、散文的な文章なのがまたよくて、短歌との相乗効果をもたらしています。
ブルドックのくだりや「臼」という文字についてのユーモラスな表現には、思わず頬が緩んでしまいます。
言葉のおもしろさ、日本語の美しさを存分に感じられます。

東直子さんの小説を読んだことはあったけど、歌人としての作品には触れたことがなかったので、他の方のブログでこの作品の存在を知って、読んでみたいなぁと思っていました。
いわゆる現代短歌にはほとんどなじみがなく、穂村弘さんの作品も読んだことがありません。
短歌というと難しく考えてしまいそうだけど、ここにでてくる歌は、とても親しみやすく感じました。
モスバーガーがでてきたり、メリーさんの羊がでてきたりとおもしろい。
そして読んでいくうちに、もし感覚の毛穴というものがあるのなら、それがばあっと開いていく感じがしました。
好きな歌、感じる歌というのは、読むときどきによって変わるものかもしれませんが、今回は絞りに絞ってこの4首。

終電を見捨ててふたり灯台の謎を解いてもまだ月の謎 (穂村)

 
海に遊びに来た二人。
離れがたい、もう少し一緒に時を過ごしたい、そんな思いがあふれるよう。
恋愛初期の、いろんなことが新鮮で、ちょっとしたことにも楽しめる、そんな雰囲気が伝わってきます。

ゆびさきの温みを添えて渡す鍵そのぎざぎざのひとつひとつに (東)

鍵を渡すって、心を許し信頼していなければ、そして多少の覚悟がなければできない行為だと私は思います。
体温の温みだけでなく、様々な感情が温度となって伝わるような、情感と繊細さの感じられる歌です。

次は、けんかをした二人が仲直りをする場面にて。

ひまわりの擬態を一晩したままであなたを待っていました ここに (東)

窓という窓から月は注がれて ホッチキスのごとき口づけ (穂村)


この二首の間にはさまれた東さんの、向日葵に自分をなぞらえて書かれている文も好きです。


ここまで感性が研ぎ澄まされた状態で世界に入り込んで読むと、終盤の展開は苦しくてしょうがないです。
うまく消化できないまま(というか消化しないようにしながら)読み終えました。
このあたりが、私が再読するにあたってのネックとなる気がします。
でもいつかまた、読み返したい。

最初のほうの短歌なんですが、あとで読み返して心が震えました。

たくさんの光の中で会えたこと ハロー ハロー 声おくります (東)


あ、すみません、5首目だ(笑)
こんなことしてたら相当の数を書き抜いてしまいそうなので、このへんで。
私は、どちらかというと東さんの短歌にぐっときます。
女性の視点だからということが大きいかもしれませんが。
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。