--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/07/28

「さよならサンドイッチ」 前川梓

さよならサンドイッチ (ダ・ヴィンチブックス)さよならサンドイッチ (ダ・ヴィンチブックス)
(2007/08/22)
前川梓

商品詳細を見る

★★★☆☆

恋人を他の女の子に奪われたアキヨ、「出来事」が欲しくて見知らぬ男性に声をかけるユキ、「自分の置き場所」欲しさに元彼に電話をするレイ、暴力を振るう彼氏から離れられないマコ……。それぞれに恋の痛みを抱える7人の女の子たちを描いた連作短編集。
メディアファクトリーHPより


20代前半の、社会人や大学生の女の子たちの恋愛がテーマになっている、短編集です。
著者もその年代らしいので、等身大ともいえる物語でしょうか。
恋を失って心に空白を抱えた「箱をしまう」と「まだ、時々、月」というお話がよかったです。

ネットで見たところ、あまり評判がよくないようですが、私はわりと好感を持って読みました。
心の機微が繊細に綴られています。
が、感想を書くまでに2日ほど空いてしまい、早くも印象が薄れています。
心に残りにくいかな。

簡単な言葉のわりに、文章が少しねじれているように感じられ、ときどき読みづらいです。

3話目で急に名前がリンクしているのに気付きましたが、短編に出てくる登場人物どうしにつながりがあります。
連作短編って好きなんですが、この作品に関しては、あまり連作としての魅力を感じることができませんでした。
つながりをまとめたような最終話の「Sand.01」を読んでいるとき、無性に眠くなりました。
本の題名とも関わってくる話なので、きっと思いのこもった作品なんだと思いますが、なんだかよく分かりませんでしたし。

それぞれの主人公に共感できるかというと、そうでもないものが多いんだけれど(不倫も暴力男も嫌です)、彼女たちの感情の端々にある何かは、ほんの少しずつ分かるような気がして、私がどこかに置いてきてしまったもののような気もして、不器用さやひたむきさがまぶしく感じられました。
収録作品
「箱をしまう」
「泡と花火」
「おはよう。」
「コノハ」
「ブラックベリーみたいに」
「まだ、時々、月」
「Sand.01」
ま行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。