--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/30

「仏果を得ず」 三浦しをん

仏果を得ず仏果を得ず
(2007/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る

★★★☆☆

ああ、またしてもきちんと感想書く時間がないです…
忘れないように、とりあえず一言感想のみ。

文楽ってちゃんと見たことないし、私にとってはまったくの未知の世界なのです。
そんな、近寄りがたい伝統芸能が、魅力たっぷりに書かれてあっておもしろかったです。
文楽の作品と、それぞれの登場人物の物語がうまく組み合わさっているのがよかった。
それぞれが芸の道を貫くストイックなまでの思いに圧倒されると共に、人間らしい感情が作品世界に絡んでいくところが読んでいて親しみやすいです。
文楽は、太夫と三味線と人形遣いの三業一体の芸能。
このお話の中では、太夫と三味線がメインですが、そのコンビネーションのなせる業が、文字のなかで存分に味わえました。

文楽のお話にあまりに疎すぎたため、こちらの本を手元に置いて読みました。
あらすじで読む名作文楽50 (ほたるの本)あらすじで読む名作文楽50 (ほたるの本)
(2005/06)
高木 秀樹青木 信二

商品詳細を見る

三浦しをん | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。