--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/03/06

「ひそやかな花園」 角田光代

ひそやかな花園ひそやかな花園
(2010/07/24)
角田 光代

商品詳細を見る

★★★★

親と子、夫婦、家族でいることの意味を根源から問いかける。『八日目の蝉』から三年。衝撃と感動に震える、角田光代の最高傑作誕生。
「BOOK」データベースより



子供の目線から見る大人たちの行動に、得体の知れない不穏な空気と隠された秘密。
大人になった子供たちが、その秘密に近づいていく。
ページを繰る手が止まらず、1日で読み切りました。

ネタバレしないように書くのが難しいな。
4章で泣きました。
秘密が何であるかということ云々よりも、そのことを知っていくなかでかつての子供たちがそれぞれの身の処し方を模索し、前へ進もうすとする姿に感動しました。

プロローグとエピローグを、嫌われ役の紗有美が担っているのがにくい。

昔好きでよく読んでいた角田光代さん。
当時絶賛された「八日目の蝉」が私はあまりしっくりこなかったあたりから遠ざかっていたのですが、またはまりそうです。

キャンプのことは、いくつかの通過した記憶とおなじに、遠のき色あせいつか消えてしまうのだろうと。彼らと再会したのちですらも、そう思っていた。でも、私たちはそれぞれの場所で暮らしながら、今までも、これからも、たとえ会わなくなったとしても、ずっとこの花畑を等しく持ち続けているのかもしれない。いつでも帰れる秘密の場所として。


角田光代 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。