--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/02/25

「神去なあなあ夜話」 三浦しをん

神去なあなあ夜話神去なあなあ夜話
(2012/11/28)
三浦 しをん

商品詳細を見る

★★★☆

三重県の山奥で、林業に取り組む平野勇気、二十歳。神去村の起源、住人の暮らし、もちろん恋にも、ぐいぐい迫ります。お仕事小説の旗手が贈る、林業エンタテインメント小説の傑作。
「BOOK」データベースより



「神去なあなあ日常」の続編。
全編通して勇気のパソコン手記による語りなのが、ノリが軽すぎて正直好みじゃないのです。(シリアスな内容だとさすがにトーンダウンするかな)
でもストーリーは面白い。
前作では勇気の目を通して林業の難しさと面白さを垣間見、最後に祭りで盛り上がりましたが、今回は村での暮らしぶりと人間ドラマが中心で登場人物の輪郭が引き立ってくるようでした。
神去村の過去、勇気の恋の苦悩など「夜話」らしい内容に、じんときたりほっこりしたり。
山太がかわいいです。
三浦しをん | Comments(1) | Trackback(1)
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示
Trackback
100年先を見据えて作業をしている、神去村の林業の現場。そこへ放り込まれた平野勇気も、村で暮らして1年が過ぎ、20歳になった。山仕事にも慣れ、憧れの直紀さんとドライブに出かけたりもするようになったけれど……。 お仕事小説の名手が描く林業エンタメ第二弾! 秘密がいっぱいの神去村へ、ようこそ! 三重県の山奥で、林業に取り組む平野勇気、二十歳。神去村の起源、住人の暮らし、もちろん恋にも、ぐいぐ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。