--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/01/17

「神様 2011」 川上弘美

神様 2011神様 2011
(2011/09/21)
川上 弘美

商品詳細を見る

★★★☆

くまにさそわれて散歩に出る。「あのこと」以来、初めて―。1993年に書かれたデビュー作「神様」が、2011年の福島原発事故を受け、新たに生まれ変わった―。「群像」発表時より注目を集める話題の書。
「BOOK」データベースより


「神様」を読んだのは何年前だったか。
改めて読んでうっすらと記憶が呼び戻される。
そのうえで、改編された「神様2011」を読む。
まったく違う世界でした。
あとがきまで読んで、作者の思いを知りました。

ウランの神様がもしこの世にいるとすれば、いったいそのことをどう感じているのか。やおよろずの神様を、矩を越えて人間が利用した時に、昔話ではいったいどういうことが起こるのか。


静かな怒り。
それでも日々は続いてゆく。
日々をたんたんと生きてゆく。
川上弘美 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。