--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/12/23

「たまさか人形堂それから」 津原泰水

たまさか人形堂それからたまさか人形堂それから
(2013/05/24)
津原 泰水

商品詳細を見る

★★★☆

口紅を塗られたリカちゃん、髪が伸びる市松人形、伝説の作家が手掛けた昭和30年代のマネキン―素人同然の店主・澪、縫いぐるみの天才・冨永くん、わけあり熟練職人・師村さん―お店は本日も営業中!好評シリーズ第二弾。
「BOOK」データベースより



5編。
「香山リカと申します」
「髪が伸びる」
「小田巻姫」
「ピロシキ日和」
「雲を越えて」

たまさか人形堂の続編。
前作同様楽しんで読んでいたら、「小田巻姫」あたりから冨永くんの様子がおかしくなっていく。
澪との会話のなかで放たれた言葉が痛い。
それに触発された澪の行動。
このままシリーズ化していきそうな雰囲気なので、成長した冨永くんの姿を見て安心したい。

ピロシキ、いいですね。
澪と束前さんの関係がどうなっていくのか、あるいはどうもならないのかも気になります(香山リカがうっとうしい!)
た行その他 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
連ドラになりそうな?
ほのぼのした中に、時々グッとくる言葉があって、好きでした。

そのまま連ドラとかになりそう!
まだまだ続きが読みたいです。

最後の章は、いる...んですよね?(^_^ゞ
No title
>dualさん
ドラマ化したら面白そうですよね!
「雲を越えて」はおまけエピローグ的な感じでしたね。笑

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。