--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/12/12

「裁縫師」 小池昌代

裁縫師裁縫師
(2007/06)
小池 昌代

商品詳細を見る

★★★☆

広大なお屋敷の鬱蒼とした庭の離れに、アトリエを構えるひとりの裁縫師。彼は、富豪のお抱えとも、息子だとも、愛人だとも噂されていた。ある日、9歳の「わたし」は、自分の服をあつらえてもらうために、母に連れられて裁縫師のもとを訪れる。採寸され、数日後にひとりアトリエを訪れた「わたし」だったが…。禁断の恋に身を任せる幼女を描いた「裁縫師」ほか、詩情とエロティシズムあふれる新感覚短篇5篇を収めた珠玉の小説集。
「BOOK」データベースより



5編収録。
「裁縫師」
なめらかな筆致にうっとりした。
一番好きな作品。

「女神」
かぜだまりという土地に越した男性の話。
男性視点からか、やや明け透けな語り口。

「空港」
叔父を迎えに空港へ行く状況、動物園の回想、遅れる飛行機、事の顛末、少しユーモラス。
「一年の終わりは、『魔の時』である。」
待つ、待つ、待つ。

「左腕」
乗っていたタクシーが事故に遭い、そこから物語がぐるぐると巡る。
着地点がどこに向かうのか、と思っていたら最後の一行でぞっとし、ある意味納得。

「野ばら」
驚くほどの食欲、先の無い小指、ピアノ「野ばらに寄す」、おめでとうの理解ができない美知子。
光窓くんはどうしているだろう。切ない。



か行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。