--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/10/25

「たまさか人形堂物語」 津原泰水

たまさか人形堂物語たまさか人形堂物語
(2009/01)
津原 泰水

商品詳細を見る

★★★★

祖母の形見の零細人形店を継ぐことになったOL澪。押しかけアルバイトの人形マニア、冨永くんと謎の職人、師村さんに助けられ、お店はそこそこの賑わいを見せていた。「諦めてしまっている人形も修理します」という広告に惹かれ、今日も傷ついた人形を抱えたお客がやってきて澪たちは東奔西走することに。チームワーク抜群の3人の活躍が始まる。
「BOOK」データベースより



少し読書から離れていたので、リハビリがてらに薄めの本を、と借りました。
軽快な会話、人形にまつわるうんちく、各話ごとにはっとする結末、3人の関係性。
とても面白くて1日で読めました。

毀す理由
恋は恋
村上迷想
最終公演
ガブ
スリーピング・ビューティ


「毀す理由」と「最終公演」、特に印象深かったです。

青い眼の人形に、キューピー。
最初が最後につながって、丸く収まるかと思いきや、ぷつんと切れるような最終行。
え、そこで終わっちゃうんだ、と思うその余韻もまたおかしい。

続編があるとのことで、さっそく予約を入れました。
た行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。