--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/02

「人質の朗読会」 小川洋子

人質の朗読会人質の朗読会
(2011/02)
小川 洋子

商品詳細を見る

★★★☆

遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた。紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは人質たちと見張り役の犯人、そして…しみじみと深く胸を打つ、小川洋子ならではの小説世界。
「BOOK」データベースより


読み終えてからひと月過ぎていたので、覚え書きのみ。

今まで読んできた小川洋子さんの作品は、固有名詞が少ないからかどこの国のどんな時代が舞台なのかがあいまいなお話が多かったのですが、この作品ははっきりと輪郭を持っていました。

一つ一つの物語は人質となった人達が書いた形なので、年齢や性別、文章の得手不得手など、書き手によって文章の雰囲気が変わります。
それでも小川さんらしい作風と、許容できる文章のラインを絶妙に保ちつつ、とても静かに語られていきました。
結末を既に知っているからこその、不思議な余韻の残る物語でした。
小川洋子 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。