--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/03/20

「針がとぶ Goodbye Porkpie Hat」 吉田篤弘

針がとぶ Goodbye Porkpie Hat針がとぶ Goodbye Porkpie Hat
(2003/12/19)
吉田 篤弘

商品詳細を見る

★★★★

月面で眠る猫、クロークルームに残る運命のコート、八十日で世界を一周した男と常夜灯に恋をした天使。6月の観覧車、真っ白なジャケット、針がとぶレコード…クラフト・エヴィング商会の物語作家が紡ぐ、月と旅と追憶のストーリー。
「BOOK」データベースより



吉田篤弘さんは「それからはスープのことばかり考えて暮らした」を読んで大好きになった作家さん。
たいていの物語に、分かりやすい面白さや大きな盛り上がりはないけれど、文章と空気感にとにかく惹かれます。

以下7つの物語。

針がとぶ
金曜日の本――『クロークルームからの報告』より
月と6月と観覧車
パスパルトゥ
少しだけ海の見えるところ 1990-1995
路地裏の小さな猿
最後から二番目の晩餐

「パスパルトゥ」を読むまで、それぞれの物語につながりがあると気付きませんでした。
それで最後まで読み終えてから、その糸をたぐるようにすぐ最初から読み直して。
素敵な物語です。

 「ポークパイ・ハットっていうの。いい響きでしょう? かたちはいまひとつだけど、名前がいいわよね。これをかぶると、いつでもその言葉が頭の上にあって、とてもいい気分」
「ポークパイって何? なんのこと?」
「そんなこと知らなくていいのよ、ユイ。言葉だけかぶってれば」

や行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。