--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/02/18

「金米糖の降るところ」 江國香織

金米糖の降るところ金米糖の降るところ
(2011/09/28)
江國 香織

商品詳細を見る

★★★☆

ブエノスアイレス近郊の日系人の町で育った佐和子とミカエラの姉妹は、少女の頃からボーイフレンドを“共有すること”をルールにしていた。留学のため来日したふたりだったが、誰からも好かれる笑顔の男・達哉に好意を抱く。しかし達哉は佐和子との交際を望み、彼女は初めて姉妹のルールを破り、日本で達哉と結婚。ミカエラは新しい命を宿してアルゼンチンに帰国する。20年後、佐和子は突然、達哉に離婚届を残して、不倫の恋人とともにブエノスアイレスに戻る。一方、妹のミカエラは多感な娘に成長したアジェレンと暮らしていたが、達哉が佐和子を追いかけ、アルゼンチンにやってくると…。東京とアルゼンチン・ブエノスアイレス、華麗なるスケールで描く恋愛小説。
「BOOK」データベースより



久々に江國香織さん。
アルゼンチンの日系人として生まれ育った姉妹それぞれの独特なアイデンティティを絡めながら、倒錯した恋愛観を美しく壮大に描いた作品でした。
正直共感できない部分が大半なのですが、それもいつものこと(笑)
恋愛の諸々はさらさらと流れてあまりつめ跡を残さず、少女の立てた十字架と、タイトルの金米糖の由来が心に残りました。

ところで、たぶちんは共有しないのでしょうかね。
江國香織 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
No title
題名にまつわる話も可愛かったです。
読み終わったその時から、読み返しが楽しみになる1冊です。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
No title
>藍色さん
素敵なタイトルですよね。
コメント&トラックバックありがとうございました。

管理者のみに表示
Trackback
姉妹のルールは好きな人を<共有すること> ブエノスアイレス近郊の日系コロニアで育った佐和子とミカエラの姉妹は、少女の頃からボーイフレンドををルールにしていた。留学のため来日した二人だったが、誰からも好かれる笑顔の男、達哉と知り合う。達哉は佐和子との交際を望み、彼女は初めて姉妹のルールを破り、日本で達哉と結婚する。同じく達哉に好意を抱いていたミカエラは父親がはっきりとしない命を宿してアルゼ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。