--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/12/26

「シューマンの指」 奥泉光

シューマンの指 (100周年書き下ろし)シューマンの指 (100周年書き下ろし)
(2010/07/23)
奥泉 光

商品詳細を見る

★★★★

シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。鮮やかな手さばきで奏でる“書き下ろし”長篇小説。
「BOOK」データベースより



表現が硬くて言い回しも難解に感じ、専門用語も多かったので、正直とても読みづらかったです。
クラシック音楽にもシューマンにもまったく見識がないため、言葉からそれを想像するという作業に疲れ、最後まで読めるかなと少し怪しみながら、何度も休憩を挟みつつ前半をやり過ごしました。
音楽を言葉で表現することのむずかしさ、それを感じ取ることのむずかしさを改めて知りました。
鹿内が登場するあたりでユーモアも出てきてそれに救われながら、後半はぐいぐいとその物語の流れに飲み込まれていって、いつの間にか読み切っていました。

ミステリーと思って読んでいなかったのがよかったのか、いろいろな仕掛けに素直にはまった私は、最後まで物語の表裏にくるくると翻弄されながらその驚きを楽しめたのでした。
真相を知った今、またいちから読み返してみたくなるような一冊です。
あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。