--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/12/04

「ともしびマーケット」 朝倉かすみ

ともしびマーケット (100周年書き下ろし)ともしびマーケット (100周年書き下ろし)
(2009/07/22)
朝倉 かすみ

商品詳細を見る

★★☆☆

誰かの「いい日」に、ともしびを。たくさんの買い物客がうごめいています。みんなあんなに生きている。スーパーマーケットの白くあかるい照明にひとしく照らされている。たくさんの人生の「一日」を、著者ならではの語り口で描く、吉川英治文学新人賞受賞後、初の書き下ろし小説。
「BOOK」データベースより



久しぶりに朝倉かすみさん。
うーん…なんかピンと来なかったです。
「声出していこう」でも思ったけど、朝倉さんは長編のほうが好きかも。

1.いい日
2.冬至
3.平河
4.ピッタ・パット
5.232号線
6.流星
7.私
8.その夜がきて
9.土下座

最終話は帳尻合わせの大集合で終わってしまいました。
連作短編に対する私のハードルが上がってるのかな。
なかでは7番目の「私」のエピソードが好きでした。
朝倉かすみ | Comments(3) | Trackback(1)
Comment
素晴らしいですね
No title
今回の作品ではなんだか少し残念な感じを覚えました。
それでも、他の誰にも当てはまらない良い世界があると思うので、これからも期待していきたいです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
No title
>藍色さん
少し肩透かしをくらいましたね。
もっと面白いものを、と求めてしまいます。
トラックバックありがとうございました。


管理者のみに表示
Trackback
誰かの「いい日」に、ともしびを。たくさんの買い物客がうごめいています。 みんなあんなに生きている。スーパーマーケットの白くあかるい照明にひとしく照らされている。 たくさ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。