--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/12/03

「黄金の王 白銀の王」 沢村凛

黄金の王 白銀の王黄金の王 白銀の王
(2007/10)
沢村 凜

商品詳細を見る

★★★★

百数十年にわたり、国の支配をかけて戦い続けてきた鳳穐一族と旺廈一族。生まれた時から「敵を殺したい」という欲求を植えつけられていた二人の王。だが、彼らは過去のしがらみを断ち切った。そして、争いのない平和な世の中を作りたいという思いを理解し、陰で協力し合う道を選んだ。しかし、それは想像以上に厳しいものだった…。敵に捕われの身となった王と、混乱する二つの国をなだめて統べる王。二人が思い描いた理想は、はたして実現することができるのか。
「BOOK」データベースより



久々にがっつりなファンタジー。
沢村凛さん作品もたしか「カタブツ」以来で、ファンタジーは初読みです。

人名や地名の漢字の読み方が難しくて覚えられず、何度も本文と巻頭の登場人物一覧を行ったり来たり。
話も込み入っているのですらすらとは読めず、読むのにとても時間がかかりました。
そういうところも含めて、十二国記シリーズにはまっていた頃のことを思い出します(懐かしい!)。
こちらは1冊で完結です。

穭(ひづち)と薫衣(くのえ)、どちらかに肩入れすることもなくフラットな状態で楽しめました。
大人になったかも(笑)
第三章、泣けました。
世界観にどっぷりと浸かれて、読み終えての充足感も言うことなしの素晴らしい物語でした。
さ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。