--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/10/31

「さようなら、猫」 井上荒野

さようなら、猫さようなら、猫
(2012/09/15)
井上 荒野

商品詳細を見る

★★☆☆

乾いている人、求めている人、愛している人、憎んでいる人、何も考えたくない人。彼らの日々にそっと加えられる一匹の猫。猫も、愛も、幸せも、閉じ込められない。短編の名手が紡ぐ魅惑の九編を収録。
「BOOK」データベースより



「静子の日常」以来の井上さんの本。
最近、私自身が猫好きになり、タイトルに思わず手がのびました。
でもどれも主役は猫ではなくて、人間の話。
どこか危うさを孕んだ、少し心がざわつくような読後感の短編集でした。
どれもとてもうまいなと思うんだけど、手放しでよかった!と言えないのは、やっぱり猫の扱いのせいかな。

以下9編収録。

自分の猫
わからない猫
赤ん坊と猫
降りられない猫
名前のない猫
ラッキーじゃなかった猫
他人の猫
二十二年目の猫
さようなら、猫
あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。