--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/09/26

「雪と珊瑚と」 梨木香歩

雪と珊瑚と雪と珊瑚と
(2012/04/28)
梨木 香歩

商品詳細を見る

★★★☆

珊瑚、21歳。生まれたばかりの子ども。明日生きていくのに必要なお金。追い詰められた状況で、一人の女性と出逢い、滋味ある言葉、温かいスープに、生きる力が息を吹きかえしてゆく―。シングルマザー、背水の陣のビルドゥング・ストーリー。
「BOOK」データベースより


ブクログの記録から見ると、読み終わったのがどうやら8月末。
感想は後でじっくり書こうと思っていたら、ひと月もたってしまいました。

思い出しながら、ざっくりとあらすじ。
幼い頃に母親から育児放棄されていた珊瑚が、若くしてシングルマザーとなる。
自分の力だけで生きてきたという自負があった珊瑚が、乳飲み子を抱えて初めて途方に暮れていたとき、くららという女性と出会う。
くららの作る料理に感化され、人に食べ物を提供する仕事をしたいと思うようになった珊瑚は、周囲の協力やタイミングにも恵まれ、カフェを開く、というストーリー。

日々の生活にも精一杯だった若い女性がゼロから自分で店を開き、しかも成功するというのもなんだか現実味がないなというのがまず最初に思った正直な感想。
お店のレシピのほとんどがくららの料理を元にしているわけだし、パン屋の販売のアルバイトのみで料理の世界に飛び込んで、うまくいくものなのかな。
でも、傍目には無鉄砲にも見えるバイタリティや行動力を、少々羨みながら見守りたい気持ちにさせられました。

こんな場面があります。

「それもそうだね。珊瑚さん、それに、今、周り、パートナーだらけでしょう」
「え?」
思いもかけない言葉だったので、珊瑚は思わずきょとんとした。自分の気持ちとしては孤軍奮闘していたのに、確かに言われてみれば、親身に自分のことを考えてくれる人がいつのまにか周囲に一人ならずいる。
「私がうらやましいのは、佐々さんよりむしろ珊瑚さんかな」
由岐は窓の外を見ながら呟いた。


周りには好意で協力してくれる人、親身になってくれる人がたくさん現れるのに、頑として一人で頑張っていると思っている珊瑚。
彼女には人に頼ること、助けてもらうことへの大きな抵抗とわだかまりがあり、一人でやれるというプライド、同情されることへの強い反感、甘えることを浅ましいと恥じる気持ちが心を縛っていました。
それは、育児放棄していた母親からの愛情を受けずに育ったことが心の根っこにあって。
店舗を借りる場面での家主家族への感情、くららとの修道院での施しについての話、物語の端々でその葛藤と逡巡が見てとれます。
食べ物に関する仕事を選んだのも、食べることは生きること、とろくに食べ物を与えられなかった幼少期に身を持って感じていたことが大きいはず。
母親との対峙と過去に向き合うことで、自分なりの折り合いをつけることができて、珊瑚は本当の意味で自立したのかもしれません。

頑固な珊瑚に少し辟易していた私も、美知恵の手紙でガツンとやられました。
美知恵や、すぐにやめたアルバイトの子、アトピーの子と母親だとか、些末なようで実はスパイスの効いた登場人物が出てくるところも、さすがだなーと思います。

本文にもあったように、始めることよりも続けることのほうが難しい。
お店にしろ対人関係にしろ、この先どの方向にも転がっていきそうな、含みを持った終わり方でした。
もし続編が書かれるのなら、珊瑚のその後と成長した雪の物語を読んでみたいな。
梨木香歩 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。