--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/08/23

「僕らのごはんは明日で待ってる」 瀬尾まいこ

僕らのご飯は明日で待ってる僕らのご飯は明日で待ってる
(2012/04/25)
瀬尾まいこ

商品詳細を見る

★★★☆
体育祭の競技“米袋ジャンプ”をきっかけに付き合うことになった葉山と上村。大学に行っても淡々とした関係の二人だが、一つだけ信じられることがあった。それは、互いが互いを必要としていること。でも人生は、いつも思わぬ方向に進んでいき…。読んだあと、必ず笑顔になれる、著者の魅力がぎゅっと詰まった優しい恋の物語。
「BOOK」データベースより


大好きな瀬尾まいこさんの作品。
内容は重たくても、軽やかでさっぱりとした、とても読みやすい文章を書く方です。

葉山と上村、二人の独特な空気感が微笑ましい。
最終章での展開には動揺して苦しくて泣きそうになってしまったけど、外で読んでいたので必死にこらえました。
痛みを感じながらも、それらをすべて包み込むような優しさを感じる物語でした。

ところで、Amazonのタイトル表記が「ご飯」になってるけど「ごはん」の間違いですよね。
気になる。

瀬尾まいこ | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
No title
さわやかでピュアな作品でした。
読んでて長い年月の付き合いになる主人公達が羨ましかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
No title
>藍色さん
素敵な作品でしたね。
コメント、トラバ、ありがとうございました。

管理者のみに表示
Trackback
一人でだって生きてはいける。でも、あなたとだったらもっと楽しい! 瀬尾まいこの魅力を凝縮した、傑作長編恋愛小説! 葉山イエス。 イエスはあだ名。何に対しても心が広い、キリ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。