--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/08/20

「サクリファイス」 近藤史恵

サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
(2010/01/28)
近藤 史恵

商品詳細を見る

★★★☆

ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと――。陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。かつての恋人との再会、胸に刻印された死。青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた! 大藪春彦賞受賞作。
(新潮社HPより)


再読。
オリンピックシーズンの最中、スポーツがテーマになっている読みたいなと思っていたところに図書館で目に入ってきたので借りてきました。
以前読んだのは、4、5年前になるでしょうか。
そのうち続編の「エデン」も読みたいなと思っていたので、いい復習にもなりました。
ミステリーの要素も大きいですが、自転車競技の魅力をたくさん教えてもらった一冊です。
か行その他 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
スポーツ小説が好きです。
『サクリファイス』は読みたいな、読もう読もうと思っていてまだ読んでいません。
今度図書館で借りてみます。
続編の『エデン』というのもあったんですね。知りませんでした。
>ジュリさん
コメントありがとうございます。
スポーツ小説面白いですよね。
続編の「エデン」、さらに短編集の「サヴァイヴ」が出ているようですよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。