--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/01

「眺望絶佳」 中島京子

眺望絶佳眺望絶佳
(2012/02/01)
中島 京子

商品詳細を見る

★★★☆

昭和33年、東京タワーが立ったあの頃から遠くここまで来てしまった。それでもわたしたちは立っていなければならない。スカイツリーのように。もの悲しくも優雅な、東京タワーとスカイツリーの往復書簡。2011年の静謐と小さな奇跡を切りとった、「東京」短篇集。
「BOOK」データベースより



偶然手に取ったのが、タイミング良くスカイツリー開業前の時期でした。
スカイツリーの往信と東京タワーの復信にはさまれる形で、東京で暮らす人たちの8つのエピソードが綴られています。
良くも悪くも、今という時代をありありと感じる物語。
不思議な余韻に浸ったり、心をざわつかせたりしながら一編一編を味わいました。

あなたとわたしは、立っていなければなりません。


人々の営み、街の移り変わり、自然災害、そしてあの大地震。
いろんなものを見てきた東京タワーが、後輩のスカイツリーに贈った言葉です。

物珍しく楽しい反面、見たくないものも数多くある、はるか下の世界。
何もできずにただ立っていることしかできないけれど、変わらずにそこに在り続けることで、見上げる人々が安心し、「明日を生きる活力を身に蘇らせることができる」のだと。
正直、東京に住んでいるわけではないので実感の湧かないものでしたが、よくよく見慣れたものを心の拠り所としている人は案外多いのかもしれません。

2つの塔は、この先どんなものを見ていくことになるのか、そんなことを思いながら、本を閉じました。
中島京子 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。