--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/27

「異国のおじさんを伴う」 森絵都

異国のおじさんを伴う異国のおじさんを伴う
(2011/10)
森 絵都

商品詳細を見る

★★☆☆

思わぬ幸せも、不意の落とし穴もこの道の先に待っている。どこから読んでも、何度でも、豊かに広がる10の物語。誰もが迎える、人生の特別な一瞬を、鮮やかにとらえる森絵都ワールド。
「BOOK」データベースより



予約の本で後がつかえていたので、先週読み終えて、返却しました。
森絵都さんの著作は好きなものが多いのですが、これはあまりぴんと来なかったかな。
さらさらと読みやすかったですが、題名を見ても、もうすでに記憶の薄いものが半数です。

以下10編収録。

藤巻さんの道
夜の空隙を埋める
クリスマスイブを三日後に控えた日曜の……
クジラ見
竜宮
思い出ぴろり
ラストシーン
桂川里香子、危機一髪
母の北上
異国のおじさんを伴う
ま行その他 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
No title
なんといっても語り口が上手かったですね。
軽妙な作品が多かったので読みやすくて読後感も良かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
No title
>藍色さん
お返事遅くなりました。
読みやすい作品が多かったですね。

管理者のみに表示
Trackback
胸に残る文章、ちくりと刺す毒、さりげないユーモア。 「人って愚かで滑稽で愛おしい!」と感じさせてくれる、バラエティ豊かな短編集です。 思わぬ幸せも、不意の落とし穴もこの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。