--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/19

「ころころろ」 畠中恵

ころころろころころろ
(2009/07/30)
畠中 恵

商品詳細を見る

★★★☆

摩訶不思議な妖怪たちに守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる江戸有数の大店の若だんな・一太郎。ある朝起きると、目から光りが奪われていた!その理由は、空前絶後のとばっちり?長崎屋絶体絶命の危機に、若だんなが名推理。だけど光りの奪還には、暗雲が垂れこめて―。佐助は妻と暮らし始め、どうなる、若だんな?絶好調「しゃばけ」シリーズ第八弾。
「BOOK」データベースより



読み終えたのが2週間ほど前で、返却もしてしまったので覚え書きのみ。

しゃばけシリーズ第8弾。
シリーズものなので、話が若干中だるみしてきてるかなぁと思っていたけど、今作はストーリーがとても面白かったです。
一太郎の目、河童、神様と、共通の話題が核になった連作短編。
最終話の問答の場面では心に迫るものがあり、読み応えがありました。

次作を読むのが楽しみです。
畠中恵 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。