--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/30

「先生の隠しごと」 仁木英之

先生の隠しごと―僕僕先生先生の隠しごと―僕僕先生
(2011/04)
仁木 英之

商品詳細を見る

★★★☆

あなたの傷が深いほど、彼の言葉は優しく響く。その名はラクス、見目麗しき光の王―彼がプロポーズした相手は、なんと僕僕なのだった。いつもクールな美少女仙人の心が、悲しすぎる愛の記憶でグラグラ揺れる。お待たせ最新作、中国冒険ロードノベル第5弾。
「BOOK」データベースより



僕僕先生シリーズ第5弾。
面白かったです、面白かったんですけど…。
ちょっと僕僕先生が僕僕先生らしくない気がしました。
それに振り回されたいろんな人が気の毒というか。
先生が冴えなかったぶん、王弁がしっかり成長してましたけどね。
そして劉欣も人間らしさと、仲間意識がほんの少し育ってきた気がします。
次作に期待!

本の返却につき、取り急ぎ覚え書き。


「まあそう焦るな。キミにだって、いつかは歩けなくなるほどの何かが背中に乗るかもしれない。その時になったら、今の軽やかさを懐かしく思い出すことになるんだろうよ」

僕僕先生から王弁への言葉。
これは先生自身の心の内をあらわす言葉でもあるのかなぁ。
長く長く生きてきた仙人の女心は複雑です(笑)


「大切な人が迷って揺れている時は、一緒に揺れてはだめ。大樹のように動かず、その人がもたれかかれるように。雨風が吹きつけている時には、その枝で覆ってあげられるように」

こちらは薄妃の言葉より。
王弁にとって大切な気付きをもたらしたと思うし、私自身も思うところあって、じんときた言葉でした。
仁木英之 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
あの王弁が先生の心を青空のある世界へ引き出すのがよかったです。
本当にアリガトウです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
>藍色さん
コメント&トラックバックありがとうございました。
このシリーズ、面白いですよね。

管理者のみに表示
Trackback
あなたの傷が深いほど、彼の言葉は優しく響く。その名はラクス、見目麗しき光の王―彼がプロポーズした相手は、なんと僕僕なのだった。いつもクールな美少女仙人の心が、悲しすぎる愛の記憶でグラグラ揺れる。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。