--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/08

「女ともだち」 角田光代、栗田有起 他

女ともだち女ともだち
(2010/03/18)
角田 光代、栗田 有起 他

商品詳細を見る

★★★☆

人気女性作家による「派遣社員」作品集!
角田光代、井上荒野、唯野未歩子、栗田有起、川上弘美さんら人気作家5人が描く「女ともだち」。
主人公は誰もが「派遣」。仕事や恋をからめた「友だち模様」が、じんわりとくっきりと描かれた魅力たっぷりの小説集です。
小学館HPより



少し前まで、アンソロジーってまったく読まなかったんですが、最近食指が動くようになりました。
テーマが明確なのであまり裏切られないのと、テーマに対して作家さんがいろんなアプローチを仕掛けてくるのを比べ読みできて面白いです。
重厚さや濃密なものではなく、軽めの本が読みたいときに、借りるようにしています。
たいていはこの本のように、好きな著者の名前が並んでると手がのびるわけですが、それまで読んでいなかった作家さんの面白さを知るきっかけになったりもします。
今回の唯野未歩子さんもそうでした。

以下5作品。
「海まであとどのくらい?」 角田光代
「野江さんと蒟蒻」 井上荒野
「その角を左に曲がって」 栗田有起
「握られたくて」 唯野未歩子
「エイコちゃんのしっぽ」 川上弘美


私も派遣社員だった時期があるので、彼女たちの行動に、自分と重なる部分もあって親近感をいだく話が多かったです。
正社員との関係、待遇、派遣同士の連帯感、職場での立ち位置など、リアリティがありました。

「野江さんと蒟蒻」は、女ともだちって言えるのかな。
野江さんの真意がよく分からなかったし、分かったら分かったで、怖くもある。
でも、唖然としてしまうインパクトがありました。

角田さんと川上さんは、それぞれらしさが出ていて、安心して読んでいられる。
でも今回好きだったのは、栗田さんの「その角を左に曲がって」と、唯野さんの「握られたくて」。

「その角を左に曲がって」の、いつも左側ばかりに怪我をするひとみさん。
話の展開に心がざわついたけれど、彼女はたくましいなと思った。
そういう仕事内容も働くフロアも年齢も違う女性とだって、友情は成立するんだと、読み終えて元気をもらった。

「握られたくて」は、冒頭ではピンとこなかったけど、夜釣りの話のあたりからすごくユーモアがきいてるなと俄然面白くなりました。

旦那に至っては、青っぽい迷彩柄のTシャツのうえに、ところどころメッシュ状になった、やばいベストをはおっていた。


目に浮かんで、思わず噴き出しました。
こぶちゃんの話だけで終わるかと思ったら、きっちりと女ともだちの話でした。
うまい!


アンソロジー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。