--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/09/29

「ざらざら」 川上弘美

ざらざらざらざら
(2006/07/20)
川上 弘美

商品詳細を見る

★★★☆

熱愛・不倫・失恋・片思い・男嫌い・処女、そしてくされ縁・友愛・レズビアン。さまざまな女性の揺れ動く心情を独特のタッチで描いた名品揃い。クウネル連載20篇に他誌発表作3篇を加えた、ファン注目の川上ワールド。マガジンハウスHPより



先週の旅のお供に、薄くて軽くてさらさら読めるような短編小説を探していました。
そしてできればハズレのない既読の作家さんがいいかなと。
川上弘美さんの著作は8割くらい読んでいるつもりなのですが、本作はまだ読んでいなかったので、こちらをチョイス。

23のショートストーリー。
短く切り取られた場面や時間のなかに、川上さんらしさがにじみ出ていて好きだなぁ。
きっと、ひと月もすればどのストーリーもほとんど忘れているに違いないけれど、何かの拍子に読み返したとき、また新鮮な気持ちで味わえるだろうなと思います。

特によかったののが、以下の4つ。

「月世界」
千寿ちゃんの言葉が印象的。

時間差なの? わたしが聞くと、なんでも時間差なのよ、風邪とか失恋とか嫉妬とか、みんな悪いことは時間差で攻めてくるのよお。千寿ちゃんが真面目に答えるので、私はまた笑った。




「山羊の草原」
他はどれも単独のストーリーだけれど、この物語だけ「コーヒーメーカー」とつながっている。
「コーヒーメーカー」のアン子は、どこか危うい感じがするので、ああやっぱり、と思った。
そばで適切な助言をくれる、修三ちゃんの優しさがじわじわと温かくて好きなお話。


「淋しいな」
失恋した女の子の話で、一番興味深く読んだ。
別れ話を切り出されたときの、「え?」と言った自分のばかみたいな声ばかりが思い出されること。
泣く描写も「すすりあげてみる。えんえん、と声も出してみる。」と、半分くらい自発的な行為で、目の腫れを気にしたり、まったく関係のないことを突然思い出したりしている。
涙にひたりながらも、どこかで冷静、どこかで客観視。
ものすごくリアリティがあった。


「笹の葉さらさら」
家庭環境から恋に、男に頑なな女の子が、「しゃちほこばって」生きている。
種田くんと付き合うことで、かわっていくかなと思ったけれど、少し遅かった。
最後の協子伯母の言葉がいい。
川上弘美 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。