--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/24

「ラインマーカーズ」 穂村弘

ラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshiラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshi
(2003/05)
穂村 弘

商品詳細を見る

★★☆☆

極彩色の都市を疾走する歌人、穂村弘初の自選ベスト歌集。
デビュー以来ニューウェーブ短歌の旗手として活躍し、ポップで切ない極彩色の短歌と、爆笑と共感を呼び起こすエッセイで、今や最も期待される書き手である穂村弘の、自選ベスト短歌集です。デビュー作『シンジケート』、第二歌集『ドライ ドライ アイス』、そしてタカノ綾のイラストレーションとのコラボレーションで話題を呼んだ連作歌集『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』からセレクトした230首に、歌集未収録の短歌130首、そして本書のために書き下ろした30首を収録。青春の歌、恋愛の歌、都市の歌、祈りの歌・・・。世界的アーチスト、大竹伸朗が描き下ろしたチャーミングな装丁にくるまれた、これはあなたと世界の心臓を爆破するキュートで危険な歌集です。
小学館HPより



以前に読んだ、穂村さんと東直子さん共著「回転ドアは、順番に」がとても良かったので、いつか機会があれば穂村さんの短歌をもっと味わってみたいなと思っていました。
この作品は2003年に出された自選ベスト歌集とのことで、穂村さんを知るのにいい入門書だろうなと期待しながら図書館で借りてきました。

どうしよう、あまりピンとこなかった。
私の感性と想像力が乏しいのか。
なんだそりゃ。って思うものが多かった。
さらっと簡単に書いたようでいて、実はすごく深いのかもしれません。
私にはついていけなくて残念。

現代短歌の何たるかを知らない私ですが、穂村さんの歌はなんとなく型破りなイメージがあります。
形式にとらわれない伸び伸びした感じを受けました。
自然と心に寄り添ってくるような歌、笑ってしまいそうになるお茶目な歌をいくつか。

「自転車のサドルを高く上げるのが夏をむかえる準備のすべて」

真夜中の大観覧車にめざめればいましも月にせまる頂点

風の交叉点すれ違うとき心臓に全治二秒の手傷を負えり

最愛の兎の牙のおそるべき敷金追徴金額はみよ

「美」」が虫にみえるのことをユミちゃんとミナコの前でいってはだめね

つけものたちは生の野菜が想像もつかない世界へゆくのでしょうね

歯ブラシの群れに混ざって立っているコップのなかの貴方と私



散文の「ごーふる」が面白かったです。
カルピスのおろおろ、私も分かるなぁ。
詩歌 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。