--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/20

「チーズと塩と豆と」 井上荒野、江國香織 他

チーズと塩と豆とチーズと塩と豆と
(2010/10/05)
井上 荒野、江國 香織 他

商品詳細を見る

★★★☆

四人の直木賞作家の書き下ろしアンソロジー。 井上荒野=ピエモンテ州(イタリア)、江國香織=アレンテージョ地方(ポルトガル)、角田光代=バスク地方(スペイン)、森絵都=ブルターニュ地方(フランス)を舞台に描く「食と愛」の物語。
ホーム社HPより



後で知りましたが、昨年秋に、NHK・BSハイビジョン紀行番組「プレミアム8」にて、4人の作家がそれぞれヨーロッパのスローフードやソウルフードを求めて旅をする番組が放送されたそうです。
訪れた土地を舞台に各々が書いた小説が、ドラマ化されて番組に挿入されたとのこと。
その4つの物語を収録したのが今作。
番組が見たかったなぁとも思いますが、小説単体でどれもおもしろく読めました。

4編収録。
「神さまの庭」 角田光代
「理由」 井上荒野
「ブレノワール」 森絵都
「アレンテージョ」 江國香織

井上さんの著作は最近初めて読みましたが、他の3方は好きでよく読む作家さん。
それぞれに個性が出ていて、話運びと文章の巧さはどの方もさすがです。

特によかったのが、角田さんの「神さまの庭」と森さんの「ブレノワール」。
この2作は、「愛と食」というテーマが、家族を軸に分かりやすく心に響いたというのもあるけれど。

古くからの因習が残り、閉鎖的な雰囲気を持ったヨーロッパの片田舎。
その閉塞感に息が詰まりそうになり、外の世界に自由を求める若者。
でも時が経ったとき、故郷の、家族の、ゆるぎない安心感を愛しく切なく思う気持ち。
とりわけ、慣れ親しんできた食べ物は、たくさんの思い出を呼び覚ます。
共感するとともに、郷里を離れて暮らす私自身も、故郷を懐かしむ気持ちに駆られたのでした。

また、食事をする意味のもついろいろな側面を、考えさせられるお話でもありました。

僕は思うのだけれど、おなじものをたべるというのは意味のあることだ。どんなに身体を重ねても別の人格であることは変えられない二人の人間が、日々、それでもおなじものを身体に収めるということは。
「アレンテージョ」江國香織 より


ほんのいっとき食事を提供して、何が解決するわけではないなんて、机上の空論以外の何ものでもないことを、わたしはそのとき頭ではなく体で知った。解決を待つあいだに、不正を暴くあいだに、平和を訴えているあいだに、正義をふりかざしているあいだに、空腹で人は死ぬのだ。一年後、五年後、すべての未来は、今日という日を乗り越えなければ永遠にやってこないのだ。憂うなら、未来でなく今日、今なのだ。
「神さまの庭」角田光代 より



アンソロジー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。