--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/30

「モノレールねこ」 加納朋子

モノレールねこ (文春文庫)モノレールねこ (文春文庫)
(2009/06/10)
加納 朋子

商品詳細を見る


★★☆☆


小学生のぼくは、ねこの首輪に挟んだ手紙で「タカキ」と文通をする。ある日、ねこが車に轢かれて死に、タカキとの交流は途絶えたが…。表題作の「モノレールねこ」ほか、ザリガニの俺が、家族を見守る「バルタン最期の日」など、夫婦、親子、職場の同僚など、日常にさりげなく現われる、大切な人との絆を描いた8編。
「BOOK」データベースより



この中の多くの話には、死が身近に存在します。
でもどれもとても温かく、ほっと優しい気持ちになれる短編集でした。
ただ、初めて読む作家さんだったんですが、とても個人的な好みの問題で、なんとなく語り口のテイストが肌に合わないなぁと感じてしまったのも事実です。
物語自体よりも、そちらのほうが気になってしまって、半歩ほど引いて読んでしまったのは少しもったいなかったかな。


以下8編収録。
・モノレールねこ
・パズルの中の犬
・マイ・フーリッシュ・アンクル
・シンデレラのお城
・セイムタイム・ネクストイヤー
・ちょうちょう
・ポトスの樹
・バルタン最期の日

特に印象に残っているのは、「パズルの中の犬」と「バルタン最期の日」です。

か行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。