--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/20

「図書館革命」 有川浩

図書館革命図書館革命
(2007/11)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★★

正化三十三年十二月十四日、図書隊を創設した稲嶺が勇退。図書隊は新しい時代に突入、そして…。極上のエンターテインメント『図書館戦争』シリーズ、堂々の完結編。
「BOOK」データベースより



面白かった!
完結編ということもあって、大きな事件をまるまる1冊で取り扱っていて読み応えがありました。

政治的な説明などさらっと読めない部分もあるけど、展開がスピーディーだし、飽きさせない緩急のつけ方がとてもうまい(緩はもちろんラブコメ部分 笑)。
途中で読むのがやめられなくて、大変でした。

もちろん一番の名場面は235ページでしょう!
声にならない絶叫をあげてしまいました(笑)
にまにまと変顔してたので、読んでいたのが一人のときでよかったです。

エピローグで書かれてあった内容の飛躍にまた驚き。
それぞれの関係がどうなっていくのかもとても気になっていたので、休む間もなく「別冊図書館戦争Ⅰ」を続け様に読む羽目におちいってしまいました。
有川浩 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。