--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/25

「夜明けの縁をさ迷う人々」 小川洋子

夜明けの縁をさ迷う人々夜明けの縁をさ迷う人々
(2007/09)
小川 洋子

商品詳細を見る

★★★☆

もしあなたが世界からこぼれ落ちても、私が両手をのばして、受け止めよう―『博士の愛した数式』『ミーナの行進』の小川洋子が世界の片隅に灯りをともす、珠玉のナイン・ストーリーズ。
「BOOK」データベースより



図書館に返却してしまったので、簡単に覚え書きを。

小川洋子さんの描く、現実と非現実の狭間を行き来するような不思議な物語、9編。
どれも短いお話ですが、それぞれにぎゅっと濃縮された濃い世界観が広がっていて、美しく豊かな表現力から想像をかき立てられます。
妖しく、なまめかしい話もあれば、背筋がすっと寒くなるような話、せつなくなる話など様々です。
人間が何か、あるいは誰かに執着する心が生み出すものを描いたお話が多いように感じました。
密やかでひんやりとした、静かな短編集です。

好きなのは、「イービーのかなわぬ望み」「パラソルチョコレート」「再試合」。
印象的だったのは、「教授宅の留守番」「涙売り」「ラ・ヴェール嬢」。

「涙売り」は、涙が楽器の音色を美しくするというのはもちろんのこと、涙の種類で価値がかわるという着眼点がとても面白いと思いました。
たしかに、たまねぎで出した涙は、価値が低そうな感じがする(笑)
自己犠牲で成り立つ商売の少女が、恋をして、究極の犠牲を払った結末。
痛々しく、せつなかった。

最終話の「再試合」。
時の流れの感覚を奪われるような、とても不可思議なお話でした。
終わらないでいつまでも続いてほしい、ずっと見ていたい、そんな感情を抱くことはよくあります。
私はスポーツにはあまりないのだけど、例えば、映画、ドラマ…そして本。
そういう人間心理を突き、しかもそれを最終話に持って来るところが、また上手いなぁと。
以下9編収録。

曲芸と野球
教授宅の留守番
イービーのかなわぬ望み
お探しの物件
涙売り
パラソルチョコレート
ラ・ヴェール嬢
銀山の狩猟小屋
再試合
小川洋子 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。