--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/25

「きみはポラリス」 三浦しをん

きみはポラリスきみはポラリス
(2007/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る

★★★☆

これって恋or愛?いえ、これこそ恋愛そのもの。世間の注目も原稿の注文も「恋愛」のことばかり。なら、とことん書いてみようじゃないの!ということで生まれたただならぬ「恋愛短篇集」。初恋、禁忌、純愛、結婚、信仰、偏愛、同性愛…本気で恋し、だれかを愛したいなら読むしかない!われらの時代の聖典。
「BOOK」データベースより



何度か読むチャンスがあったのに時間の都合などで返却してしまい、今までずっと読めずにいた本です。
だからちょっと期待値が上がってしまっていたのかな。
それぞれに面白かったのだけど、読み終えて充足感をあまり得られなかったような。

以下12編収録。

永遠に完成しない二通の手紙  …お題「ラブレター」
裏切らないこと  …自分お題「禁忌」
私たちがしたこと  …自分お題「王道」
夜にあふれるもの  …自分お題「信仰」 
骨片  …お題「あのころの宝もの」
ペーパークラフト  …自分お題「三角関係」
森を歩く  …お題「結婚して私は貧乏になった」
優雅な生活  …自分お題「共同作業」
春太の毎日  …お題「最後の恋」
冬の一等星  …自分お題「年齢差」
永遠につづく手紙の最初の一文  …自分お題「初恋」

本書の巻末に、あらかじめ提示されていた「お題」、特に指定がなくしをんさんが設定した「自分お題」が載っていて、それを意識しながら読むのもおもしろかったです。
しをんさんの「王道」と「三角関係」って…やはり一筋縄にはいきませんね(笑)

「冬の一等星」に

八歳の冬の日からずっと、強く輝くものが私の胸のうちに宿っている。夜道を照らす、ほの白い一等星のように。それは冷たいほど遠くから、不思議な引力をまとっていつまでも私を守っている。

という文があるのですが、「きみはポラリス」という小説タイトルはここからとられたのでしょうか。
ポラリスというのは、北極星のことなんだそうですね。
動かない、目印となるような星を相手になぞらえるなんて、ロマンチックです(笑)

「裏切らないこと」は、最初から度肝を抜かれました(苦笑)
でも、この話を通して語らんとすることは、心にすっと入ってきたかな。

なぜ女たちは、血のつながった男には深い寛容と信頼を見せ、他人である男には素っ気ないとも言える警戒を見せるのか。

結婚し長年暮らしている相手でさえ、本能的な部分では「他人」である、と感じるいうのが妙に面白くて心に残りました。

「骨片」は、ちょっと気味が悪く、余韻の残る話でした。
「それ」を隠し持ち愛でることで、その時代の女性の立場への思いや、遂げることのなかった行き場のない想いなど、自分の内面を慰めていたのでしょう。
「その世界を狭いと思う人がいるでしょうか。」という先生の言葉が胸にしみました。

「優雅な生活」は一番安心してほっと読めたお話(笑)
二人の意地の張り合いとやりとりが楽しくて、さらりと楽しめました。

「春太の毎日」も、すぐにネタバレしてしまうけど、かわいらしいお話。
小説ならではの面白さです。
余談ですが。
恋愛をテーマとした小説の評価には、私の感情や感覚が強く影響すると最近気づきました。
今までに評判がよいと聞いて読んだ恋愛小説が、私の肌には合わないなと感じることがよくありましたし。
主人公の恋愛感に共感でき、特に、主人公が思いを寄せる相手が魅力的であるかどうかが、私のなかで大きく影響するからのようです。
そして自分自身の状況にも多少左右されます(笑)
時代小説や推理小説などでは必ずしも共感することが面白さの絶対条件ではないので、それだけ、恋愛モノは身近なために、自分に即して感じ考えてしまいやすいということなのかもしれません。
元々、主観で評価してますけど、こうしてみると自分の快不快、人間の好き嫌いがはっきりしてて面白い(笑)
三浦しをん | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。