--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/25

「架空の球を追う」 森絵都

架空の球を追う架空の球を追う
(2009/01)
森 絵都

商品詳細を見る

★★★☆

やっぱり罠にはまった。そんな気がする。ふとした光景から人生の可笑しさを巧妙にとらえる森絵都マジック。たとえばドバイのホテルで、たとえばスーパーマーケットで、たとえば草野球のグラウンドで、たとえばある街角で…人生の機微をユーモラスに描きだすとっておきの11篇。
「BOOK」データベースより


森絵都さんの本は久しぶりに読みます。

その辺に転がっているような日常を切り取ったものから、海外を舞台にしたものまで、様々なシチュエーションをリアリティ感じる鋭い視点で描いた短編集。
相変わらず簡潔な文章でとても読みやすく、短編ならではのうまい構成でさらりと楽しめました。
どれも女性の目線で書かれた話と思われ、私にはイメージを掴みやすかったです。

笑ったのが「パパイヤと五家宝」。
ありありと目に浮かびます、こういう光景。
私も月に2、3度はちょっと高級なスーパーに立ち寄る(本書ほど高級ではありませんが)ので、自分を見ているかのようでした。
なにせそのスーパーに行くと、他人の買い物カゴの中が気になるのです(笑)
オチも明快で笑ってしまいました。

「夏の森」もよかったです。
自由ホンポウとカブトムシの接点には、なるほどそういうわけが…。
子供時分の捉え方と妻であり母である現在から見た捉え方が、思い出された過去と共に見事に対比されていて、うまいなぁとうなってしまいます。
最後の6行あたりがとても憎い。

「あの角を過ぎたところに」は、ちょっと話が出来すぎかなとも思ったけど、結びがそこに行き着くとは、という驚きがありました。
余韻をもたせる結末に、読後もしばし心がざわめいていました。

そして最終編の「彼らが失ったものと失わなかったもの」。
たった6ページのこの物語の後味がとてもよく、気持ちよく読み終えることができました。
以下11編。
「架空の球を追う」
「銀座か、あるいは新宿か」
「チェリーブロッサム」
「ハチの巣退治」
「パパイヤと五家宝」
「夏の森」
「ドバイ@建設中」
「あの角を過ぎたところに」
「二人姉妹」
「太陽のうた」
「彼らが失ったものと失わなかったもの」
ま行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。