--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/14

「倒立する塔の殺人」 皆川博子

倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)
(2007/11)
皆川 博子

商品詳細を見る


★★☆☆

戦時中のミッションスクール。図書館の本の中にまぎれて、ひっそり置かれた美しいノート。蔓薔薇模様の囲みの中には、タイトルだけが記されている。『倒立する塔の殺人』。少女たちの間では、小説の回し書きが流行していた。ノートに出会った者は続きを書き継ぐ。手から手へと、物語はめぐり、想いもめぐる。やがてひとりの少女の不思議な死をきっかけに、物語は驚くべき結末を迎える…。物語が物語を生み、秘められた思惑が絡み合う。万華鏡のように美しい幻想的な物語。
「BOOK」データベースより



あちこちで評価の高いこのお話ですが、私は読んだ時期が悪くて読書に集中できなかったため、ややのめり込めなかった印象です。
地の物語と、登場人物がノートに回し書きした手記と物語とが織り交ぜられながら話が進んでいきますが、その凝った面白い構成は、頭を整理して読まないとちょっと混乱して、若干読みにくさを感じてしまったことがひとつ。
戦中戦後の時代背景にあまり馴染みがなく、話題に上がる小説や絵画等に疎くて、追体験し難かったことがひとつ。
ということで、つまりは読み手の私の側に問題がありました(笑)

最後に謎が解かれ、そのからくりが見えたときにほぅとため息が。
再読すれば、また違った印象で面白く読めるだろうなと思います。
ま行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。