--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/02/25

「神去なあなあ夜話」 三浦しをん

神去なあなあ夜話神去なあなあ夜話
(2012/11/28)
三浦 しをん

商品詳細を見る

★★★☆

三重県の山奥で、林業に取り組む平野勇気、二十歳。神去村の起源、住人の暮らし、もちろん恋にも、ぐいぐい迫ります。お仕事小説の旗手が贈る、林業エンタテインメント小説の傑作。
「BOOK」データベースより



「神去なあなあ日常」の続編。
全編通して勇気のパソコン手記による語りなのが、ノリが軽すぎて正直好みじゃないのです。(シリアスな内容だとさすがにトーンダウンするかな)
でもストーリーは面白い。
前作では勇気の目を通して林業の難しさと面白さを垣間見、最後に祭りで盛り上がりましたが、今回は村での暮らしぶりと人間ドラマが中心で登場人物の輪郭が引き立ってくるようでした。
神去村の過去、勇気の恋の苦悩など「夜話」らしい内容に、じんときたりほっこりしたり。
山太がかわいいです。
スポンサーサイト
三浦しをん | Comments(1) | Trackback(1)
2014/02/25

「あまからカルテット」 柚木麻子

あまからカルテットあまからカルテット
(2011/10)
柚木 麻子

商品詳細を見る

★★★☆

「終点のあの子」作者の誰もが待ち焦がれた新作は、仲良し四人組の探偵小説。ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子。恋愛の荒波も、仕事の浮き沈みも、四人の絆で乗り越えてみせる。
「BOOK」データベースより



小学生から友達の女の子たち4人は、タイプもバラバラで大人になり違う進路に進んでも変わらぬ友情で結ばれている。
それぞれにピンチが訪れるけど、仲間の機転や協力を得ながら問題をひとつひとつクリアしていく。
謎解きの面白さ、30才手前の彼女たちが直面する恋愛や仕事などの悩みへの共感、重くなりすぎない軽快なテンポ、楽しんで読みました。
何より、郷里を離れていてつながりが年賀状だけ、なんてこともある私には4人のチームワークがとてもまぶしく見えました。

柚木さんの本を読むのはこれで2冊目。
すごく人気があるようで、図書館で予約してもなかなか回ってきません。
女子の女子による女子のためのお話、を書く作家さんなのかなという勝手なイメージ。
男性読者がいたら、感想をちょっと聞いてみたいです。


恋する稲荷寿司
はにかむ甘食
胸さわぎのハイボール
てんてこ舞いにラー油
おせちでカルテット
や行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/02/19

「豚キムチにジンクスはあるのか―絲的炊事記」 絲山秋子

豚キムチにジンクスはあるのか―絲的炊事記豚キムチにジンクスはあるのか―絲的炊事記
(2007/12/06)
絲山 秋子

商品詳細を見る

★★★☆

群馬県高崎市在住、一人暮らし作家の泣くに泣けない自炊生活。試作に試作を重ね、今日も思いつき料理にトライ!?Hanakoから生まれた妙に切ない傑作エッセイ集。絲的おいしい生活24連発。
「BOOK」データベースより



予約の関係でエッセイが続きました。

絲山さんのエッセイはこれで3冊目。
前回読んだ「絲的サバイバル」はキャンプがテーマだったのであまり惹かれなかったけど、今回は料理のエッセイで、大いに笑わせていただきました。

エッセイというと、著者の日常の生活や偶然得た体験から書かれたもの(またはそのテイで)が多いような気がするけれど、絲山さんの場合は、エッセイのネタのために自ら体を張っていて。
そんな記述があっけらかんと書かれているのがなんだか清々しいほどです。
本当に面白い人だなぁ。
エッセイ | Comments(0) | Trackback(0)
2014/02/17

「アンソロジー お弁当。」 武田百合子、池辺良 他

アンソロジー お弁当。アンソロジー お弁当。
(2013/08/31)
武田百合子、池部良 他

商品詳細を見る

★★★☆

4月からお弁当作りを再開することになりそうなので、最近お弁当、と名のつくものに反応。
41人のお弁当エッセイ集です。

作品を読んだことのある人もいれば、名前すらはじめましての人もいて、内容も時期もバラエティ豊か。
ひとつひとつは短くて、隙間時間に読むのにちょうどよかったです。
心あたたかくなるようなエピソードが多くて、楽しめました。
「アンソロジーカレーライス!!」「アンソロジーおやつ」とシリーズになっているようなので、そのうち読んでみようかな。
エッセイ | Comments(0) | Trackback(0)
2014/02/17

「てふてふ荘へようこそ」 乾ルカ

てふてふ荘へようこそてふてふ荘へようこそ
(2011/05/31)
乾 ルカ

商品詳細を見る

★★★☆

直木賞候補作『あの日にかえりたい』の異才が挑んだ、笑いあり涙ありの連作ヒューマンドラマ!このアパート、なにやら秘密があります。特異な事情を抱えた6人の住人たちが出会った奇跡。切なくて、哀しくて、でもあったかい、おんぼろアパート物語。予想外のラストまでノンストップ。
「BOOK」データベースより



早い段階で展開が読めてしまったので新鮮な驚きや高揚感はなかったけど、そのぶん安心して事の推移を見守るように読みました。
少し不思議であたたかな物語。

あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。