--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/12/23

「たまさか人形堂それから」 津原泰水

たまさか人形堂それからたまさか人形堂それから
(2013/05/24)
津原 泰水

商品詳細を見る

★★★☆

口紅を塗られたリカちゃん、髪が伸びる市松人形、伝説の作家が手掛けた昭和30年代のマネキン―素人同然の店主・澪、縫いぐるみの天才・冨永くん、わけあり熟練職人・師村さん―お店は本日も営業中!好評シリーズ第二弾。
「BOOK」データベースより



5編。
「香山リカと申します」
「髪が伸びる」
「小田巻姫」
「ピロシキ日和」
「雲を越えて」

たまさか人形堂の続編。
前作同様楽しんで読んでいたら、「小田巻姫」あたりから冨永くんの様子がおかしくなっていく。
澪との会話のなかで放たれた言葉が痛い。
それに触発された澪の行動。
このままシリーズ化していきそうな雰囲気なので、成長した冨永くんの姿を見て安心したい。

ピロシキ、いいですね。
澪と束前さんの関係がどうなっていくのか、あるいはどうもならないのかも気になります(香山リカがうっとうしい!)
スポンサーサイト
た行その他 | Comments(2) | Trackback(0)
2013/12/23

「なにごともなく、晴天。」 吉田篤弘

なにごともなく、晴天。なにごともなく、晴天。
(2013/02/27)
吉田 篤弘

商品詳細を見る

★★★☆

高架下商店街の人々と、謎めいた女探偵、銭湯とコーヒーの湯気の向こうで、ささやかな秘密がからみ合う。『つむじ風食堂の夜』の著者によるあたたかく懐かしく新しい物語の始まり。
「BOOK」データベースより

や行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/12/23

「円卓」 西加奈子

円卓円卓
(2011/03/05)
西 加奈子

商品詳細を見る

★★★★

世間の“当然”に立ち止まり、悩み考え成長する物語。うるさいぼけ。なにがおもろいねん。平凡やしあわせに反発する琴子、小学3年生。好きな言葉は、「孤独」。
「BOOK」データベースより



関西弁でテンポよく、語り口が小気味いい(好き嫌いありそうですが)。
孤独にあこがれるこっこの、転換期と成長。
自分にもそういう節目があったのかな。
ぽっさんが素敵です。
西加奈子 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/12/12

「裁縫師」 小池昌代

裁縫師裁縫師
(2007/06)
小池 昌代

商品詳細を見る

★★★☆

広大なお屋敷の鬱蒼とした庭の離れに、アトリエを構えるひとりの裁縫師。彼は、富豪のお抱えとも、息子だとも、愛人だとも噂されていた。ある日、9歳の「わたし」は、自分の服をあつらえてもらうために、母に連れられて裁縫師のもとを訪れる。採寸され、数日後にひとりアトリエを訪れた「わたし」だったが…。禁断の恋に身を任せる幼女を描いた「裁縫師」ほか、詩情とエロティシズムあふれる新感覚短篇5篇を収めた珠玉の小説集。
「BOOK」データベースより



5編収録。
「裁縫師」
なめらかな筆致にうっとりした。
一番好きな作品。

「女神」
かぜだまりという土地に越した男性の話。
男性視点からか、やや明け透けな語り口。

「空港」
叔父を迎えに空港へ行く状況、動物園の回想、遅れる飛行機、事の顛末、少しユーモラス。
「一年の終わりは、『魔の時』である。」
待つ、待つ、待つ。

「左腕」
乗っていたタクシーが事故に遭い、そこから物語がぐるぐると巡る。
着地点がどこに向かうのか、と思っていたら最後の一行でぞっとし、ある意味納得。

「野ばら」
驚くほどの食欲、先の無い小指、ピアノ「野ばらに寄す」、おめでとうの理解ができない美知子。
光窓くんはどうしているだろう。切ない。



か行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/12/08

「ごはんぐるり」 西加奈子

ごはんぐるりごはんぐるり
(2013/04/17)
西 加奈子

商品詳細を見る

★★★☆

カイロ&大阪育ち、幸せな食オンチがつづる「グルメ」じゃない「ごはん」のこと。書き下ろし食小説「奴」も掲載。
「BOOK」データベースより


西さんのエッセイは初めて読みましたが、期待を裏切らない面白さでした。
飾らない内容、さくさく読める気安さ、大いに楽しみました。
エッセイ | Comments(0) | Trackback(0)
2013/12/08

「百瀬、こっちを向いて。」 中田永一

百瀬、こっちを向いて。百瀬、こっちを向いて。
(2008/05/10)
中田 永一

商品詳細を見る

★★★☆


恋愛アンソロジー「I LOVE YOU」などで読書界を騒然とさせた話題の大型新人、初めての恋愛小説集。
「BOOK」データベースより



数年前に話題になったと記憶していますが、中田永一さんは乙一さんの別名義だそうで。
恋愛小説にはあまり関心が向かないほうだけど、いつか読んでみようと思っていた本です。
読みやすくて1日で読破。
それぞれの話に仕掛けがあって小気味よく、さらりと楽しめました。

「百瀬、こっちを向いて。」
「なみうちぎわ」
「キャベツ畑に彼の声」
「小梅が通る」
な行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/12/08

「海賊とよばれた男」 百田尚樹

海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る


海賊とよばれた男 下海賊とよばれた男 下
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る

★★★☆

実在の人物をモデルに書かれていて、戦中戦後の日本の男たちの熱い姿を知ることができた作品。
英雄然とした人物像、数々の誇り高きエピソードに、伝記を読んでいるような錯覚にも陥りました。
主人公たちの苦難を乗り越えていく奮闘ぶりに肩入れしつつも、光には影がつきものだと思うし、物事には立場や見方によっていろんな解釈が存在すると思うので、これはある一面から見たストーリーだと踏まえて読んでいる自分もいて。
読み応えのある物語だけど、どっちつかずなスタンスで読んでしまった印象です。
きっと私の心がひねくれてるんだな。笑
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。