--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/07/31

「なでし子物語」 伊吹有喜

なでし子物語 (一般書)なでし子物語 (一般書)
(2012/11/07)
伊吹 有喜

商品詳細を見る

★★★★

父を亡くし母に捨てられ、祖父に引き取られたものの、学校ではいじめに遭っている耀子。夫を若くして亡くした後、舅や息子と心が添わず、過去の思い出の中にだけ生きている照子。そして、照子の舅が愛人に生ませた男の子、立海。彼もまた、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しんでいる。時は一九八〇年、撫子の咲く地での三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かしはじめる―『四十九日のレシピ』の著者が放つ、あたたかな感動に満ちた物語。
「BOOK」データベースより



泣きました。
耀子と立海があまりにいたいけで、不憫で。
傷つきながら少しずつ、前に進もうとする姿がいじらしくて。

きっとこの先も、それぞれにいろんな困難が待ち受けているのが簡単に想像できる。
けれど強くなって、その理不尽な壁を乗り越えていって欲しい。
そう願わずにはいられませんでした。

自立、かおをあげていきること。
自律、うつくしくいきること。
(中略)
やらまいか。
あたらしいじぶんを、つくるんだ。

スポンサーサイト
あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/07/24

「童子の輪舞曲」 仁木英之

童子の輪舞曲 僕僕先生童子の輪舞曲 僕僕先生
(2013/04/22)
仁木 英之

商品詳細を見る

★★★☆

美少女仙人・僕僕先生の秘密、変幻自在な生き物・第狸奴の生態、孤独なスナイパー劉欣の苦悶までもが明らかにされるシリーズ第7弾。僕僕先生ご一行の旅の道のりがわかる「早わかりロードマップ」も付いて、シリーズ全容を理解するのに必携の一冊。僕僕先生が現代日本に降誕!?大人気の中国冒険ロードノベル。
「BOOK」データベースより



僕僕先生7作目は外伝にあたる短編集。
シリーズのファンとしては本編の続きが気になりつつも、中休みとして軽く読め、楽しませてもらいました。
ただ、最後の「福毛」はなんだったんだろう。
作者の二次創作的なワル乗り(失礼!)なのか、それとも本編に関わる深い意味と位置付けがあるのか。
私は前者であって欲しいな、本編を純粋にファンタジーとして楽しんでいるので。
哀しげで、少しモヤモヤ感の残る結末だったのが気になります。

避雨雙六
雷のお届けもの
競漕曲」
第狸奴の殖
鏡の欠片
福毛
仁木英之 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/07/08

「神去なあなあ日常」 三浦しをん

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05/15)
三浦 しをん

商品詳細を見る

★★★☆

美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。
「BOOK」データベースより



しをんさん作品にしては、面白いと感じるまでに時間がかかりました。
語り口のせいか、林業という内容によるものか。
主人公の勇気がパソコンに書いた手記を読む形の物語です。

はじめは林業に興味がなく戸惑うばかりの勇気が、徐々にその仕事と神去村での生活に馴染んでいくと同時に、私の気持ちもリンクして、いつの間にか楽しんで読んでいました。

神様にまつわるいくつかの出来事が興味深かったです。
人智を超えた神秘を感じる、奥深い山の中の世界。
とくに祭りのシーンは迫力があって圧巻でした。
三浦しをん | Comments(0) | Trackback(0)
2013/07/08

「王妃の帰還」 柚木麻子

王妃の帰還王妃の帰還
(2013/01/19)
柚木 麻子

商品詳細を見る

★★★☆

聖鏡女学園中等部二年の範子は、仲良しグループで地味ながらも平和に過ごしていた。ところが、公開裁判にかけられ地位を失った滝沢さんを迎えることとなりグループの調和は崩壊!範子達は穏やかな日常を取り戻すため「プリンセス帰還作戦」を企てるが…。女子中学生の波乱の日々を描いた傑作長編。
「BOOK」データベースより



随分前に読んだので、少し記憶があいまい…。

せまい世界の中で目まぐるしく巻き起こる数々の出来事、目に浮かぶような女の子たちのやりとり、面白かったです。
私は高校が女子高だったので、これと近しい感覚が蘇ってきました。
現実世界ではこんな結末にはなかなか落ち着かないだろうけど、小説としてはほっとする終わり方でよかったです。
や行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。