--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/23

「四十九日のレシピ」 伊吹有喜

四十九日のレシピ四十九日のレシピ
(2010/02/16)
伊吹有喜

商品詳細を見る

★★★★

熱田家の母・乙美が亡くなった。気力を失った父・良平のもとを訪れたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。乙美の教え子だったという彼女は、生前の母に頼まれて、四十九日までのあいだ家事などを請け負うと言う。彼女は、乙美が作っていた、ある「レシピ」の存在を、良平に伝えにきたのだった。家族を包むあたたかな奇跡に、涙があふれる感動の物語。
「BOOK」データベースより



外出中の待ち時間に読んでいましたが、途中何度も涙をこらえました。
百合子が不憫でならず、一緒に傷つき、心を粟立たせながら読みました。
それと同時に、たくさんの優しさにも触れ、暖かい気持ちでいっぱいになりました。

結末は少し強引だった気がするものの、すっきりした読後感。
文章に若干の読みづらさを感じるけれど、他の作品も読んでみたいです。
スポンサーサイト
あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/05/18

「天頂より少し下って」 川上弘美

天頂より少し下って天頂より少し下って
(2011/05/23)
川上 弘美

商品詳細を見る

★★★☆

奇妙な味とユーモア、そしてやわらかな幸福感―川上マジックが冴えわたる、極上の恋愛小説全7篇。
「BOOK」データベースより



以下7編収録。
一実ちゃんのこと
ユモレスク
金と銀
エイコちゃんのしっぽ
壁を登る
夜のドライブ
天頂より少し下って

読み始めて気付きましたが、「エイコちゃんのしっぽ」は他の本で既読でした。
恋愛小説とひとくくりにしてもよいものか、と思う川上さんらしいお話ばかり。
「ユモレスク」「壁を登る」が特によかったです。
川上弘美 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/05/14

「幸福な生活」 百田尚樹

幸福な生活幸福な生活
(2011/05/27)
百田尚樹

商品詳細を見る

★★★☆

最後の1行がこんなに衝撃的な小説はあったろうか。
愛する人の“秘密”をのぞいてはいけない…

百田尚樹は長編だけじゃない!
圧倒的ストーリーテラーが贈る
稀代の怪作誕生──

本の目利きがこぞって絶賛! この面白さ、見逃すな──
祥伝社HPより


以下18編収録。
母の記憶・夜の訪問者・そっくりさん・おとなしい妻・残りもの・豹変・生命保険・痴漢・ブス談義・再会・償い・ビデオレター・ママの魅力・淑女協定・深夜の乗客・隠れた殺人・催眠術・幸福な生活

最後の1行が、必ず次ページ1行目にくるように構成され、その一言にどきりとする短編。
アイディアが面白いし、話もさすがうまいなと思いました。
ただ、読んでいるうちにパターンが読めてきてしまったかな。
一編一編はよくても、まとめて1冊の本として読んだときに、少し単調な印象。

次回は長編を読みたいです。
以前に読んだ「永遠の0」があまりによくて、ハードルの上がってしまった作家さんなのでした。
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/05/01

「バスジャック」 三崎亜紀

バスジャック (集英社文庫)バスジャック (集英社文庫)
(2008/11/20)
三崎 亜記

商品詳細を見る

★★★★

今、「バスジャック」がブームである―。バスジャックが娯楽として認知されて、様式美を備えるようになった不条理な社会を描く表題作。回覧板で知らされた謎の設備「二階扉」を設置しようと奮闘する男を描く「二階扉をつけてください」、大切な存在との別れを抒情豊かに描く「送りの夏」など、著者の才能を証明する七つの物語。
「BOOK」データベースより


「送りの夏」で号泣、「動物園」もよかったです。

二階扉をつけてください
しあわせな光
二人の記憶
バスジャック
雨降る夜に
動物園
送りの夏
三崎亜紀 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。