--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/30

「いっちばん」 畠中恵

いっちばんいっちばん
(2008/07)
畠中 恵

商品詳細を見る

★★★☆

摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、訳ありの頼み事やらお江戸を騒がす難事件。お馴染みの妖がオールキャストで活躍する「いっちばん」、厚化粧のお雛ちゃんの素顔が明らかになる「ひなのちよがみ」の他三編を収録。大人気「しゃばけ」シリーズ第七弾。「BOOK」データベースより



久しぶりにしゃばけシリーズを読みました。
初期から人気のあったこのシリーズ。
それでも3冊目くらいまではわりとすぐに借りることができたんですが、テレビドラマ化されたあたりから、新刊の予約数がうなぎのぼり。
なかなか借りられないので、第6弾を読み終えてからしばらく冷却期間を置いていました。

毎度律儀に繰り返される登場人物と舞台の説明は、続けて読んでいるときには若干のくどさを感じてしまっていましたが、ブランクが空いた状態だと逆にそれが大助かり。
そうそう、こんなお話だったなぁとすんなり入り込むことができました。

今回は5つの短編。
「いっちばん」
「いっぷく」
「天狗の使い魔」
「餡子は甘いか」
「ひなのちよがみ」

長崎屋と他の2店が品比べをする「いっぷく」が、どういうふうに話がまとまるのかと一番楽しめました。
一太郎の友達、栄吉にスポットが当たった「餡子は甘いか」も、展開は読めてしまうのだけどいじらしい。
「いっちばん」「ひなのちよがみ」も、キャラ読みできるので面白かったけれど、意外性がなかったかな。
「天狗の使い魔」は、やや尻切れトンボな印象がありました。
結局どうなったの?

続きが読みたくて仕方ないという高揚感はないけれど、安定した面白さと読みやすさ。
次の「ころころろ」までは予約ですぐに借りられそうなので、近々読みたいなと思います。
スポンサーサイト
畠中恵 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/30

「まるまれアルマジロ!」 安東みきえ

まるまれアルマジロ!―卵からはじまる5つの話まるまれアルマジロ!―卵からはじまる5つの話
(2009/03)
安東 みきえ

商品詳細を見る

★★★★★

卵があった。だちょうが産んだ卵だった。しかし何日たっても孵らなかった。死んでしまったことを悲しみ続ける母親を見て、父親は代わりのものを探すが…。幸せに必要なものとは? 表題作を含む全5編の短編集。
「MARC」データベースより



安東みきえさんの「頭のうちどころが悪かった熊の話」が大好きで、こちらの本も手に取ってみました。
大人のための童話のような寓話のような、動物が主人公のシンプルな構図。
でもユーモアもしっかりとあります。
私はこういうお話にとても弱いらしく、今回も見事にやられました。
絵は前作と同じく下和田サチヨさんで、そのかわいらしさもまたツボ。

「卵があった。」という文から始まる5編。

「オケラのお月見」
「オオカミの大きなかんちがい」
「ハゲタカの星」
「まるまれアルマジロ!」
「心配症のコウノトリ」


表題作の「まるまれアルマジロ!」でおもわず目の奥が熱くなりました。
この話で泣く人はきっと少ないだろうけど、愛おしさがこみあげてしまって。

この世に生を受けること。
いつかこの世を去ること。
「心配症のコウノトリ」で、コウノトリとハゲタカが話している場面が象徴的です。
最後まで読んで、再度「ハゲタカの星」を読みなおすと、またジンとくるのです。
せつなくて、温かくて、何度も何度も読み返し、自分に問いかけたい、そんな5つのお話でした。

卵があった。
その卵の中ではヒナが悩んでいた。
このカラを破って世の中に出ていくべきかどうか。
出ていくほどの世界かどうか。
(「ハゲタカの星」より)


あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/27

「まほろ駅前番外地」 三浦しをん

まほろ駅前番外地まほろ駅前番外地
(2009/10)
三浦 しをん

商品詳細を見る

★★★☆

第135回直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』での愉快な奴らが帰ってきた。多田・行天の物語とともに、星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリーを収録。
「BOOK」データベースより



前作を読んだのが、たしか5年ほど前。
すごく面白かった記憶はあるけれど、内容はおろか登場人物も覚えてない始末。
でも読み始めて、多田と行天のキャラクター、二人の掛け合いの面白さが蘇ってきました。
(残念ながら、他の登場人物はさっぱり記憶から抜け落ちたままですが。)
そういう状態でも、とても面白く読めました。

テンポの良い会話に笑ってしまうところもあり、登場人物も個性的で飽きない。
きっと前作を読んでない人でも楽しめるかと。
注意点としては、デリケートで潔癖な方は、食事前や何か食べながら読まないほうがいいかなぁと思いますが(笑)

特に岡夫人の話がよかったです。
曽根田のばあちゃんの話は、テンポの面で読むのに若干スピードダウンしたかな。

行天の抱えている闇の一面が見え隠れし、多田にも気になる人物ができて、今後展開しそうな雰囲気。
続編があることを期待してます!
三浦しをん | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/24

「ラインマーカーズ」 穂村弘

ラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshiラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshi
(2003/05)
穂村 弘

商品詳細を見る

★★☆☆

極彩色の都市を疾走する歌人、穂村弘初の自選ベスト歌集。
デビュー以来ニューウェーブ短歌の旗手として活躍し、ポップで切ない極彩色の短歌と、爆笑と共感を呼び起こすエッセイで、今や最も期待される書き手である穂村弘の、自選ベスト短歌集です。デビュー作『シンジケート』、第二歌集『ドライ ドライ アイス』、そしてタカノ綾のイラストレーションとのコラボレーションで話題を呼んだ連作歌集『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』からセレクトした230首に、歌集未収録の短歌130首、そして本書のために書き下ろした30首を収録。青春の歌、恋愛の歌、都市の歌、祈りの歌・・・。世界的アーチスト、大竹伸朗が描き下ろしたチャーミングな装丁にくるまれた、これはあなたと世界の心臓を爆破するキュートで危険な歌集です。
小学館HPより



以前に読んだ、穂村さんと東直子さん共著「回転ドアは、順番に」がとても良かったので、いつか機会があれば穂村さんの短歌をもっと味わってみたいなと思っていました。
この作品は2003年に出された自選ベスト歌集とのことで、穂村さんを知るのにいい入門書だろうなと期待しながら図書館で借りてきました。

どうしよう、あまりピンとこなかった。
私の感性と想像力が乏しいのか。
なんだそりゃ。って思うものが多かった。
さらっと簡単に書いたようでいて、実はすごく深いのかもしれません。
私にはついていけなくて残念。

現代短歌の何たるかを知らない私ですが、穂村さんの歌はなんとなく型破りなイメージがあります。
形式にとらわれない伸び伸びした感じを受けました。
自然と心に寄り添ってくるような歌、笑ってしまいそうになるお茶目な歌をいくつか。

「自転車のサドルを高く上げるのが夏をむかえる準備のすべて」

真夜中の大観覧車にめざめればいましも月にせまる頂点

風の交叉点すれ違うとき心臓に全治二秒の手傷を負えり

最愛の兎の牙のおそるべき敷金追徴金額はみよ

「美」」が虫にみえるのことをユミちゃんとミナコの前でいってはだめね

つけものたちは生の野菜が想像もつかない世界へゆくのでしょうね

歯ブラシの群れに混ざって立っているコップのなかの貴方と私



散文の「ごーふる」が面白かったです。
カルピスのおろおろ、私も分かるなぁ。
詩歌 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/23

「家守綺譚」 梨木香歩

家守綺譚 (新潮文庫)家守綺譚 (新潮文庫)
(2006/09)
梨木 香歩

商品詳細を見る

★★★★

日常にこぼれ出る豊穣な気配。花は人を恋い、水は友を招く――。それは、ついこのあいだ、ほんの百年すこし前の物語。
庭・池・電燈付二階屋。汽車駅・銭湯近接。四季折々、草・花・鳥・獣・仔竜・小鬼・河童・人魚・竹精・桜鬼・聖母・亡友等々々出没数多……本書は、百年まえ、天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」=綿貫征四郎と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。――綿貫征四郎の随筆「烏〓苺記(やぶがらしのき)」を巻末に収録。
新潮社HPより



少し前に「りかさん」を読んで以来、梨木さんの本をもっと読んでみたいなと思うようになり、以前から気になっていたこの本を借りてきました。
図書館には単行本もありましたが、文庫版の巻末収録も気になったので、文庫本に。

植物がたくさん出てくること、日常と非日常が入り混じった物語であることなど、既読の「f植物園の巣穴」のように、若干の読みにくさがあるのだろうかと思いながら読み進めました。
が、一話一話が短く、可笑しみもあって読みやすい。
(梨木さんの文と世界観への免疫が出来たのかもしれませんが。)

征四郎の素直で人のよいところがなんとも憎めない。
飼い犬のゴローがとてもかわいい。
隣のおかみさんや和尚も、情があって温かい。
庭の植物や、河童や狸や子鬼も、愛らしい。

不可思議の深みへどんどんはまっていくのではなく、その入り口がいつも覗いていて、知らぬ間にその周辺を出入りしているような、心安さがあります。
しとしとと雨の降りしきる静かな部屋の中で、じっくりと味わいながら読みました。

さりげない一場面のなかで妙に心に残った、次のようなやりとりがあります。

――具合でも悪いのですか。
思わず声を掛ける。
――苦しいのです。吐き気がして。頭が割れんばかり。
――大丈夫ですか。
おろおろして思わずそう云ってしまったが、馬鹿なことを云っていると自分でも思った。見るからに大丈夫ではないし、本人もそう訴えているのに。


言いがちな言葉で、私も何とはなしに馬鹿のように使っているので、恥ずかしくなった。
梨木さんの、言葉に対する真摯な向き合い方を垣間見た気がしました。

「葡萄」の、物語の締め方は秀逸。
温かさと不思議の余韻に浸りながら、本を閉じました。
梨木香歩 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/20

「チーズと塩と豆と」 井上荒野、江國香織 他

チーズと塩と豆とチーズと塩と豆と
(2010/10/05)
井上 荒野、江國 香織 他

商品詳細を見る

★★★☆

四人の直木賞作家の書き下ろしアンソロジー。 井上荒野=ピエモンテ州(イタリア)、江國香織=アレンテージョ地方(ポルトガル)、角田光代=バスク地方(スペイン)、森絵都=ブルターニュ地方(フランス)を舞台に描く「食と愛」の物語。
ホーム社HPより



後で知りましたが、昨年秋に、NHK・BSハイビジョン紀行番組「プレミアム8」にて、4人の作家がそれぞれヨーロッパのスローフードやソウルフードを求めて旅をする番組が放送されたそうです。
訪れた土地を舞台に各々が書いた小説が、ドラマ化されて番組に挿入されたとのこと。
その4つの物語を収録したのが今作。
番組が見たかったなぁとも思いますが、小説単体でどれもおもしろく読めました。

4編収録。
「神さまの庭」 角田光代
「理由」 井上荒野
「ブレノワール」 森絵都
「アレンテージョ」 江國香織

井上さんの著作は最近初めて読みましたが、他の3方は好きでよく読む作家さん。
それぞれに個性が出ていて、話運びと文章の巧さはどの方もさすがです。

特によかったのが、角田さんの「神さまの庭」と森さんの「ブレノワール」。
この2作は、「愛と食」というテーマが、家族を軸に分かりやすく心に響いたというのもあるけれど。

古くからの因習が残り、閉鎖的な雰囲気を持ったヨーロッパの片田舎。
その閉塞感に息が詰まりそうになり、外の世界に自由を求める若者。
でも時が経ったとき、故郷の、家族の、ゆるぎない安心感を愛しく切なく思う気持ち。
とりわけ、慣れ親しんできた食べ物は、たくさんの思い出を呼び覚ます。
共感するとともに、郷里を離れて暮らす私自身も、故郷を懐かしむ気持ちに駆られたのでした。

また、食事をする意味のもついろいろな側面を、考えさせられるお話でもありました。

僕は思うのだけれど、おなじものをたべるというのは意味のあることだ。どんなに身体を重ねても別の人格であることは変えられない二人の人間が、日々、それでもおなじものを身体に収めるということは。
「アレンテージョ」江國香織 より


ほんのいっとき食事を提供して、何が解決するわけではないなんて、机上の空論以外の何ものでもないことを、わたしはそのとき頭ではなく体で知った。解決を待つあいだに、不正を暴くあいだに、平和を訴えているあいだに、正義をふりかざしているあいだに、空腹で人は死ぬのだ。一年後、五年後、すべての未来は、今日という日を乗り越えなければ永遠にやってこないのだ。憂うなら、未来でなく今日、今なのだ。
「神さまの庭」角田光代 より



アンソロジー | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/19

「さびしい女神」 仁木英之

さびしい女神―僕僕先生さびしい女神―僕僕先生
(2010/04)
仁木 英之

商品詳細を見る

★★★★

助けなきゃ! たとえ誰も振り向かなくても。あの子が最凶の神だとしても――。

苗族の国を襲う謎の旱魃。どうやら原因は、峰で出会ったちょっと変わり者の女神らしい。彼女のさびしさを癒せれば、この災いも解決する? なぜか引き止める僕僕先生を振り切って、解決策を探る王弁くん。彼が見るのは神仙が争う太古の幻、そして……。シリーズ第四弾は時空を超えるメガ・スケール、さらに感動度アップの最高傑作!
新潮社HPより



僕僕先生シリーズ第4弾。
面白かったー!

これまでの短編で断片的に見えていた世界観につながりができて、物語が輪郭を帯びてきました。
長編ならではの壮大さとスピード感で、先が知りたくて知りたくて、ページを繰る手が止まりませんでした。

旱の神様、魃のことをどう解決させるんだろうと思って読みましたが、結果に少々複雑な思い。
(核心をネタばれせずに書くのが難しい。。)
僕僕先生はもっと複雑でしょう(笑)

蛮勇という言葉、今回の王弁くんにぴったりですね。
でも、そんな微々たる力と知恵しかもたない普通の人間の王弁くんが、物語を大きく動かすキーマンとなっているのが、この物語の醍醐味なんだなとも思うのです。

ともあれ、僕僕先生の過去もぼんやりと垣間見えたし、劉欣がこれからどうなっていくのかもすごく興味深いです。
あ、ところでじゃじゃ馬わがまま娘の蚕嬢はどうなったのかな。
次作も出ているので、早く読みたいです。
仁木英之 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/15

「静子の日常」 井上荒野

静子の日常静子の日常
(2009/07)
井上 荒野

商品詳細を見る

★★★☆

何かが過剰で、何かが足りないこの世の中今日も出くわす“ばかげた”事象を宇陀川静子・七十五歳は見過ごさない―チャーミングで痛快!直木賞作家の最新長篇小説。
「BOOK」データベースより




井上荒野さん、初めて読みました。
借りた後で知ったんですが、不倫をテーマにした著作の多い作家さんだそうで、楽しく読めるか少し気構えつつ読みました。
でも、このお話はとても面白かったです。

七十五歳の静子さんを中心に、同居する息子夫婦の愛一郎と薫子、孫のるかの4人それぞれの視点から、物語が進んでいきます。
家族のなかや周囲に巻き起こる大小の出来事が、細やかに描かれています。

まず、人物描写が魅力的。
チャーミングでたおやかな静子さんがとても素敵です。
新しいことに積極的で、行動力があり、芯はしっかりありながら、柔軟な頭を持っている。
こんな風に歳を重ねられたら、と思わずにはいられない可愛らしい女性です。
(夫との平坦ではない半生を送ってきたことで、得たものであるならば、また複雑なのですが…。)

年代に開きのある女子高生のるかの視点も、とても自然で共感のできるものでした。
うだつがあがらないけど何故か憎めない愛一郎、姑との距離の取り方が絶妙な薫子、この中年夫婦の空気感もまた読んでいて面白い。

悲喜こもごもはあるけれど、総じて明るく爽やかで、静子さんのたたずまいに自然と背筋が伸びるようなお話でした。
あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/01

「紗央里ちゃんの家」 矢部嵩

紗央里ちゃんの家紗央里ちゃんの家
(2006/11)
矢部 嵩

商品詳細を見る

★★★☆

叔母からの突然の電話で、祖母が風邪をこじらせて死んだと知らされた。小学五年生の僕と父親を家に招き入れた叔母の腕もエプロンも真っ赤に染まり、変な臭いが充満していて、叔母夫婦に対する疑念は高まるけれど、急にいなくなったという従姉の紗央里ちゃんのことも、何を訊いてもはぐらかされるばかり。洗面所の床から、ひからびた指の欠片を見つけた僕は、こっそり捜索をはじめるが…。第13回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。
「BOOK」データベースより



賛否両論あるみたいですが、私は面白かったです。
図書館から借りてきたとき、実はホラー小説と知らなくて、もちろん長編賞受賞作というのも知らなくて、先入観なしに読んだのがよかったのかも。
清々しさや救いはない物語なので、読む人によっては、嫌悪感を覚えるかもしれませんね。

装丁が、子供が書いたかのような絵で、手にとったときはまさかそんな話だとは思わなかったのだけど、読み終えて装丁を見直したときに、ちょっとぞくっときました。

怖さよりも、気味の悪さが際立った物語。
小学五年生の「僕」が語る、幼く子供らしい語り口と、登場人物の奇異な言動の落差が不気味で、物語のなかにぐいぐい引き込まれていきました。
言葉の繰り返しや会話の羅列など、ちょっと読みにくさもあるけれど、それもまた味というか。
みながみな異常で、ショッキングな事態にも次第に感覚が麻痺していきます。

ラスト、どのように話が落ち着くのかなと読んでいくと、なんだかよく分からない終わり方(笑)
謎は謎のまま残りつつ、とても不思議な感覚に包まれました。
や行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。