--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/27

「おしまいのデート」 瀬尾まいこ

おしまいのデートおしまいのデート
(2011/01/26)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

★★★☆



この世はいろんな“デート”で溢れてる。待ち合わせが生み出すワクワクする気持ち、楽しいひととき、別れる時のちょっとした切なさ。
「BOOK」データベースより



大好きな瀬尾まいこさんの本の予約がまわってきました。
すでに返却してしまったので、記録だけ。

瀬尾さんの短編を読むのは初めてだと思います。
病院の待合室で読んでいたのですが、さらさらと読みやすくて一気に読み終えました。
「ランクアップ丼」ではおもわずうるっときてしまって、慌てましたけど(笑)


以下5編収録。

おしまいのデート
ランクアップ丼
ファーストラブ
ドッグシェア
デートまでの道のり

スポンサーサイト
瀬尾まいこ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/04/13

「詩の本」 谷川俊太郎

詩の本詩の本
(2009/09/04)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

★★★★

今ここにいる谷川俊太郎―書き下ろし含む全52篇収録。
「BOOK」データベースより




3月の頭ごろから、大好きな谷川俊太郎さんの「詩の本」をじっくり味わっていました。
メモ紙に控えていた、印象深かった作品。

いまここにいないあなたへ (冒頭)
泣声
若さゆえ
闇は光の母
できたら
かすかな光
ただ生きる
終わりと始まり


気づけば、命やこの世の摂理について、取り上げられたものばかりを選んでいました。
詩歌 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/04/13

「刻まれない明日」 三崎亜記

刻まれない明日刻まれない明日
(2009/07/10)
三崎 亜記

商品詳細を見る

★★★☆

「開発保留地区」―それは十年前、3095人の人間が消え去った場所。街は今でも彼らがいるかのように日々を営んでいる。あの感動から3年―“失われた時”が息づく街を舞台に描く待望の長編。
「BOOK」データベースより



2月後半に読んでいましたが、感想を書いていなかったので記録だけ。

「失われた町」のその後のお話。
前作は非常に読みにくかった印象が今でも残っているのだけど、今回はつっかかることなく読めました。
三崎さんの文章にも慣れてきたのかも(笑)

「思念」は目に見えないものだからこそ、恐ろしい。
今は、ことさらそんなことを思います。

それでも、残された人たちは、傷を負いながらも前へ進んでいく。
そんな姿に勇気付けられる思いでした。
三崎亜紀 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。