--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/27

「逃亡くそたわけ」 絲山秋子

逃亡くそたわけ逃亡くそたわけ
(2005/02/26)
絲山 秋子

商品詳細を見る

★★★☆

21歳の夏は一度しか来ない。あたしは逃げ出すことにした。
軽い気持ちの自殺未遂がばれて、入院させられた病院から。
逃げるのに思いつきで顔見知りを誘った。24歳の茶髪で気弱な会社員。
すぐに「帰ろう」と主張する彼を脅してすかして車を出させた。東へ。そして南へ。
__おんぼろ車で九州の田舎町を駆け抜けるふたりの前にひろがった暑い夏の物語。
出版社 / 著者からの内容紹介



いい意味で明け透けで、飾らない文章に、小気味いい会話。
絲山さんの書かれるお話は、やっぱり好きです。

亜麻布二十エレは上衣一着に値する。
亜麻布二十エレは上衣一着に値する。

福岡の病院から、また幻聴から逃れるように逃亡した花ちゃんと、それに巻き込まれたなごやんの2人が、東へ南へと車で逃走する物語。
現在九州に住んでいる私には、舞台となった地名や場所にも馴染みがあり、ことさら身近で面白く感じました。

病気や自殺未遂の過去、病院からの逃亡など、重たい題材を抱えながらも、お話はどこかユーモラスであっけらかんとしています。
花ちゃんの話す博多弁がずけずけと、でものんびりしていて、落ち着いた雰囲気のなごやんとの掛け合いが痛快なのと、九州という土地柄の温かさのようなものがにじんでいるからかな。
もっとも、博多弁に馴染みのない人には、多少読みづらいかもしれませんが。
車の中で聞く、Theピーズの歌詞も要所要所でいいアクセントになっています。

行く先々で、トラブルを起こし、褒められないような行為(無免許運転やら食い逃げやら)をしながら旅は進んでいきます。
これらの悪行は、フィクションだから笑って読めるけれど、いささか度は越えていますね。
でも、そんなことを繰り返しながら、ほんの少しずつ距離が近づいていく二人の関係はどこか微笑ましい。

逃走といっても、ずっとずっと、それこそ一生逃げ続けるわけにはいかない。
いつか終わりは来る。
もちろんそれは花ちゃんにも分かっていること。
では、この逃走はなんだったのか。
人にいっぱい迷惑をかけて、自分たち自身もしんどくて、悪いこともたくさんして、何を、どこを目指していたんだろう。

それでも。
花ちゃんの幻聴、ひょっとしたらもう聞こえなくなるんじゃないかなと思うのです。
生まれ育った名古屋を忌み、東京人として生きようとしていたなごやんにも、物語の最後の一言が表すように心境の変化があったはず。
正しい方法とは言えないかもしれないけど、彼らの過ごした数日は大きな一歩となったのかなと。

これから先の二人の人生が、明るいものでありますように。
爽快感を感じるともに、最後はそんな思いでいっぱいになりました。
スポンサーサイト
絲山秋子 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/09/24

「ワーキング・ホリデー」 坂木司

ワーキング・ホリデーワーキング・ホリデー
(2007/06)
坂木 司

商品詳細を見る

★★★☆

元ヤン・ホストが宅配便(特別仕様車)ドライバーに転身!?血気さかんな若者と所帯じみた小学生、親子と仕事と仲間によるひと夏の贈り物。
「BOOK」データベースより



さらりと読めて、くすっと笑えて、心がほんわかする。
そんな物語でした。

登場人物は、ちょっと個性的で、でもみんな憎めない、とてもいい人たち。
そこが、この物語を優しく感じさせるのかなと。

ちょっと都合よく話が進みすぎのきらいがあって、どこか物足りない気持ちにはなるのだけど、逆に言えば安心して読めます。
ユーモアを織り交ぜながら、文章も読みやすく、ページ数もそう多くないので、1日で読みきりました。
肩の力を抜いて、軽い読み物を読みたいときにいいかな。

これからのストーリーを予感させるような終わり方。
3人に、そしてヤマトを取り巻く人達に幸せになってもらいたいなと、温かい気持ちで本を閉じたのでした。
坂木司 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/09/17

「わたしを離さないで」 カズオイシグロ

わたしを離さないでわたしを離さないで
(2006/04/22)
カズオ イシグロ

商品詳細を見る

★★★☆

実は翻訳本を読むのは苦手です。
中学生くらいまではよく読んでいたのだけど、突然アレルギー反応を起こすようになって。
上手く言えないのだけど、ただ感覚的に、肌に合わないって感じるようになったのです。

こちらの「わたしを離さないで」は翻訳本なのですが、とあるところで絶賛されていたのを以前に見かけてずっと気になってはいました。
それでも、これだけ読むのが遅くなってしまったのは、多少の抵抗感があったからだと思います。

図書館通いを再開して、ふと英米文学の棚にあるこの本に目が留まり、いい機会だし、思い切って借りてみることにしました。
読んでみて、翻訳本を好きになった、とまでは言えないのだけど、でもやはり読んでみてよかったと思いました。
毛嫌いしていてはもったいないです。
でも、私にもう少し英語力があれば、原文を読んでみたい気持ちもあります。

以下、ネタバレにならないように気をつけたつもりの、感想。

>>続きを読む
か行その他 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/09/17

「永遠の0」 百田尚樹

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

★★★★
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。