--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/19

「サイゴン・タンゴ・カフェ」 中山可穂

サイゴン・タンゴ・カフェサイゴン・タンゴ・カフェ
(2008/02)
中山 可穂

商品詳細を見る

★★★★

タンゴとラテンの情熱を背景に、生き死にと恋の狭間で揺れ動く人びとの模様を描いた、著者の新境地5作品。いずれ劣らぬ珠玉作品集です。
角川書店HPより



なんて濃厚で上質な読書の時間だったか。
中山可穂さんの短編集は、短編ゆえの物足りなさなどまったくなく、むしろ個々の濃密さに酔う、贅沢な一冊でした。

「ケッヘル」に続き、中山さん2冊目です。
今度は、文中太字がなくてほっとしました(苦笑)
中山さんは、物語のなかにご本人が透けて見えるようで、まさに身を削るようにして小説を書いているのではないかと、勝手に想像しました。
だからか、読むほうもそれ相応の体力を消耗し、読み終えてからしばらく放心してしまいます。
>>続きを読む
スポンサーサイト
な行その他 | Comments(0) | Trackback(1)
2009/03/17

「戸村飯店青春100連発」 瀬尾まいこ

戸村飯店青春100連発戸村飯店青春100連発
(2008/03/20)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

★★★★

大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を見つめ直していく。一番大切なことは近すぎて見えないもの。単純でバカでかっこわるいけどかっこいい男子の姿を見事に描いた、瀬尾まいこ・渾身の一作。
理論社HPより



好きな作家さんを5人挙げろと言われれば、迷わず瀬尾まいこさんをその1人に選ぶ、瀬尾さん好きです。
文章の読みやすさ、人物の魅力、人との距離感、話の雰囲気、たまりません(笑)
久々に瀬尾さんの小説を読んで、やっぱり大好きだなぁと思いました。

期限ぎりぎりで読みきったので、簡単に。

大阪の下町で中華料理店を営んでいる戸村家の、息子二人の物語。
次男のコウスケは、勉強はできないけど単純で明朗快活な野球少年で、常連客の笑いをとったり、店の手伝いをしたりとすっかりなじんでいる。
長男のヘイスケは、関西人でありながら下町や店の空気になじまず、クールで要領がよく、女の子にもよくモテる。
一歳差のこの兄弟は、それほど仲良くもなく交わす言葉も少ないのだけど、高校卒業という時期に差しかかり、それぞれの将来のことが、互いの距離感に微妙な変化をもたらしていきます。

>>続きを読む
瀬尾まいこ | Comments(0) | Trackback(0)
2009/03/07

「蟋蟀」 栗田有起

蟋蟀(こおろぎ)蟋蟀(こおろぎ)
(2008/09)
栗田 有起

商品詳細を見る

★★★☆

生き物をモチーフにした10の物語集。おとぎ話ではありません。位相を変えて眺めれば、ひとの真実が透けて見える。可笑しくて、そして哀しくもある不思議な世界。
筑摩書房HPより



ずっと以前に「ハミザベス」を読んで以来の栗田有起さん。
作風をすっかり忘れていましたが、こんなに面白い印象がなかったので、改めて驚きました。

淡々と静かに紡がれる物語。
どこにでもあるような日常を描いているかのようで、その実、非現実的な出来事が当たり前のように出てき、とても不思議な世界へと誘われます。
>>続きを読む
か行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/03/01

1~2月の読了本

「夫婦一年生」朝倉かすみ ★★★★
「遊女のあと」諸田玲子 ★★★☆
「二つの月の記憶」岸田今日子 ★★★☆
「悪人」吉田修一 ★★★★
「平台がおまちかね」大崎梢 ★★★☆
「ロードムービー」辻村深月 ★★★☆
「ラジ&ピース」絲山秋子 ★★★☆
「ギフト」日明恩 ★★★☆
「蟋蟀」栗田有起 ★★★☆

最近にしては、2月はわりと読書の進んだ月でした。
長編の「悪人」と「遊女のあと」は途中から一気読みでした。
「夫婦一年生」もかわいくて好きでした。
朝倉かすみさんが最近好きで、図書館でもついつい目がいきます。
でも続けて読むと飽きる可能性があるし、何よりもったいないので(笑)、続けて読まないように自重してます。

それと、2009年から、通常は4星評価の記載にしました。
といっても、判断基準は今までと同じです。 →★評価について
5星は今までに1冊しか付けていなくて(しかも再読の)、年に1冊あるかないかというところ。
パッと見、すごく厳しいように見えてしまうので(笑)、4星以下は4星記載にします。
もちろん、5星を付けたい本に出会ったら、★★★★★で!
今年は出会えるかな?
各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。