--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/10/06

「ミミズクと夜の王」 紅玉いづき

ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1)ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る

★★★★☆

魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。
額には 「332」 の焼き印、両手両足には外されることのない鎖。自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。
願いはたった、一つだけ。
「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」
死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。
全ての始まりは、美しい月夜だった。
―― それは、絶望の果てからはじまる、小さな少女の崩壊と再生の物語。
第13回電撃小説大賞<大賞>受賞作、登場。
表紙折り返しより


旅行のお供に、薄い文庫本を探して図書館で見つけたこの一冊。
そういえば、この題名、聞いたことがあるなと借りてきました。
おとぎ話のような童話のような、どこかの世界のお話です。
ジャンルとしてはライトノベルにあたるのでしょうか。
なんとなく敬遠して、今までラノベをあまり読んだことはなかったけど、考えを改めねばと思いました。
>>続きを読む
スポンサーサイト
か行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/10/04

「流星の絆」 東野圭吾

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

★★★☆☆

惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後――彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。

「この小説は私が書いたのではない。登場人物たちが作りだしたのだ。」――東野圭吾

息もつかせぬ展開、張り巡らされた伏線、驚きの真相、涙がとまらないラスト。すべての東野作品を超えた現代エンタメの最高峰
講談社HPより


図書館で予約待ちしていて、急がしい時期に本が回ってきてしまいましたが、さくさく読めて助かりました。
10月からドラマ化もされるし、それまでに読めたのもよかったです。
読み終えてから半月以上経ってしまったので、とりあえず簡単に感想を残しておきます。

思ったより爽やかでした。
甘さを感じるくらい。
勝手にドロドロした復讐劇を想像して読んだものだから、その軽さにちょっと肩透かしを食らったような感じもありましたが、テンポよく読め、エンターテイメントとして楽しめました。
できすぎ感があるけど、ラストも後味がよかった。

でも、「すべての東野作品を超えた現代エンタメの最高峰」って本当かな。
東野圭吾さんの本を読むのはまだ3冊目なんですが、これだけの人気作家さんなのだからもっとおもしろい本があるに違いないと思いたいのですけど。

どうでもいいことですが、物語の今後、[行成の母親に静奈が偽名を使っていたことをなんて説明するんだろう、母親の性格を考えればまさか本当のことを言えるわけないし]なんて考えたりしました(笑)
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。