--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/01/23

「私のミトンさん」 東直子

私のミトンさん私のミトンさん
(2011/07/12)
東 直子

商品詳細を見る

★★★☆

大切な“小さい人”。離れてゆく恋人。眠り続ける赤ん坊。迷える私たちの前にあらわれた、身長50センチのおばあさん。今日も幸せでありますように―東直子が贈る、愛しい人々の物語。
「BOOK」データベースより

スポンサーサイト
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/12/08

「海賊とよばれた男」 百田尚樹

海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る


海賊とよばれた男 下海賊とよばれた男 下
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る

★★★☆

実在の人物をモデルに書かれていて、戦中戦後の日本の男たちの熱い姿を知ることができた作品。
英雄然とした人物像、数々の誇り高きエピソードに、伝記を読んでいるような錯覚にも陥りました。
主人公たちの苦難を乗り越えていく奮闘ぶりに肩入れしつつも、光には影がつきものだと思うし、物事には立場や見方によっていろんな解釈が存在すると思うので、これはある一面から見たストーリーだと踏まえて読んでいる自分もいて。
読み応えのある物語だけど、どっちつかずなスタンスで読んでしまった印象です。
きっと私の心がひねくれてるんだな。笑
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/02/18

「燃焼のための習作」 堀江敏幸

燃焼のための習作燃焼のための習作
(2012/05/24)
堀江 敏幸

商品詳細を見る

★★★☆

終わらない謎解き、溶け合う会話、密室の、探偵と助手と依頼人。たくみな仕掛けと愉悦に満ちた、著者最新小説。
「BOOK」データベースより


226ページの薄さにも関わらず、読むのにとても時間のかかった本でした。
単純に改行が少ないだけではなくて、集中して丁寧に読まないと、何の話を読んでいるのか分からなくなってくる不思議な会話のやりとり。
穏やかで独特な面白さがありました。

装丁の表すところがはじめは何なのかわかりませんでしたが、どうやらこれ、「三種混合」がこぼれたマグカップの跡のようですね。
枕木さん、熊埜御堂氏の来客中に何杯飲んだのでしょう。
数えようとするだけでも、口の中が甘ったるくなりそうです。
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/08/16

「今日のごちそう」 橋本紡

今日のごちそう今日のごちそう
(2012/03/16)
橋本 紡

商品詳細を見る

★★☆☆

ふっくら、ことこと、こんがり、とろり。
悲しい時もせつない時も、ごはんが元気を連れてくる

おいしいものいろいろ詰め合わせ 心がほっこりあたたまる極上お料理小説

とくべつな日ではないけれど、それぞれのごはんがごちそうになる
今日も明日も、ごはんを食べる。一人で、二人で、家族そろって。誰にでもある、ごくふつうの日の料理の風景を繊細に丁寧に綴った23の物語。それぞれのメニューに材料リストつき。
(講談社HPより)



食べ物がテーマになったお話は、期待値がどうしても高くなってしまう。
わりと唐突な終わり方をする話が多くて、てっきり連作短編なのかと思ったけれどそうでもなかったですね(後ろのほうの2作品のみ)。
面白い話もいくつかあったけれど、全体を通して、もう少しダイレクトに幸福感で満たされるほうが好みかもしれません。
は行その他 | Comments(1) | Trackback(1)
2012/05/14

「幸福な生活」 百田尚樹

幸福な生活幸福な生活
(2011/05/27)
百田尚樹

商品詳細を見る

★★★☆

最後の1行がこんなに衝撃的な小説はあったろうか。
愛する人の“秘密”をのぞいてはいけない…

百田尚樹は長編だけじゃない!
圧倒的ストーリーテラーが贈る
稀代の怪作誕生──

本の目利きがこぞって絶賛! この面白さ、見逃すな──
祥伝社HPより


以下18編収録。
母の記憶・夜の訪問者・そっくりさん・おとなしい妻・残りもの・豹変・生命保険・痴漢・ブス談義・再会・償い・ビデオレター・ママの魅力・淑女協定・深夜の乗客・隠れた殺人・催眠術・幸福な生活

最後の1行が、必ず次ページ1行目にくるように構成され、その一言にどきりとする短編。
アイディアが面白いし、話もさすがうまいなと思いました。
ただ、読んでいるうちにパターンが読めてきてしまったかな。
一編一編はよくても、まとめて1冊の本として読んだときに、少し単調な印象。

次回は長編を読みたいです。
以前に読んだ「永遠の0」があまりによくて、ハードルの上がってしまった作家さんなのでした。
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/04/10

「蜩ノ記」 葉室麟

蜩ノ記蜩ノ記
(2011/10/26)
葉室 麟

商品詳細を見る

★★★★

豊後・羽根藩の奥祐筆・檀野庄三郎は、城内で刃傷沙汰に及んだ末、からくも切腹を免れ、家老により向山村に幽閉中の元郡奉行・戸田秋谷の元へ遣わされる。秋谷は七年前、前藩主の側室と不義密通を犯した廉で、家譜編纂と十年後の切腹を命じられていた。庄三郎には編纂補助と監視、七年前の事件の真相探求の命が課される。だが、向山村に入った庄三郎は秋谷の清廉さに触れ、その無実を信じるようになり…。命を区切られた男の気高く凄絶な覚悟を穏やかな山間の風景の中に謳い上げる、感涙の時代小説。
「BOOK」データベースより


ひと月ほど前に読み終えました。

直木賞受賞作ということで、初めて読んだ作家さんです。
時代小説ならではの背景の難しさはありましたが、読みやすい文章ですっと入り込めました。
終盤は涙涙。
そして読み終えると自然と背筋がすっと伸びるような、そんな作品でした。
は行その他 | Comments(2) | Trackback(0)
2012/02/19

「ころころろ」 畠中恵

ころころろころころろ
(2009/07/30)
畠中 恵

商品詳細を見る

★★★☆

摩訶不思議な妖怪たちに守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる江戸有数の大店の若だんな・一太郎。ある朝起きると、目から光りが奪われていた!その理由は、空前絶後のとばっちり?長崎屋絶体絶命の危機に、若だんなが名推理。だけど光りの奪還には、暗雲が垂れこめて―。佐助は妻と暮らし始め、どうなる、若だんな?絶好調「しゃばけ」シリーズ第八弾。
「BOOK」データベースより



読み終えたのが2週間ほど前で、返却もしてしまったので覚え書きのみ。

しゃばけシリーズ第8弾。
シリーズものなので、話が若干中だるみしてきてるかなぁと思っていたけど、今作はストーリーがとても面白かったです。
一太郎の目、河童、神様と、共通の話題が核になった連作短編。
最終話の問答の場面では心に迫るものがあり、読み応えがありました。

次作を読むのが楽しみです。
畠中恵 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/30

「いっちばん」 畠中恵

いっちばんいっちばん
(2008/07)
畠中 恵

商品詳細を見る

★★★☆

摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、訳ありの頼み事やらお江戸を騒がす難事件。お馴染みの妖がオールキャストで活躍する「いっちばん」、厚化粧のお雛ちゃんの素顔が明らかになる「ひなのちよがみ」の他三編を収録。大人気「しゃばけ」シリーズ第七弾。「BOOK」データベースより



久しぶりにしゃばけシリーズを読みました。
初期から人気のあったこのシリーズ。
それでも3冊目くらいまではわりとすぐに借りることができたんですが、テレビドラマ化されたあたりから、新刊の予約数がうなぎのぼり。
なかなか借りられないので、第6弾を読み終えてからしばらく冷却期間を置いていました。

毎度律儀に繰り返される登場人物と舞台の説明は、続けて読んでいるときには若干のくどさを感じてしまっていましたが、ブランクが空いた状態だと逆にそれが大助かり。
そうそう、こんなお話だったなぁとすんなり入り込むことができました。

今回は5つの短編。
「いっちばん」
「いっぷく」
「天狗の使い魔」
「餡子は甘いか」
「ひなのちよがみ」

長崎屋と他の2店が品比べをする「いっぷく」が、どういうふうに話がまとまるのかと一番楽しめました。
一太郎の友達、栄吉にスポットが当たった「餡子は甘いか」も、展開は読めてしまうのだけどいじらしい。
「いっちばん」「ひなのちよがみ」も、キャラ読みできるので面白かったけれど、意外性がなかったかな。
「天狗の使い魔」は、やや尻切れトンボな印象がありました。
結局どうなったの?

続きが読みたくて仕方ないという高揚感はないけれど、安定した面白さと読みやすさ。
次の「ころころろ」までは予約ですぐに借りられそうなので、近々読みたいなと思います。
畠中恵 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/10/05

「アイスクリン強し」 畠中恵

アイスクリン強しアイスクリン強し
(2008/10/21)
畠中 恵

商品詳細を見る

★★★☆

ビスキット、チヨコレイト、アイスクリン、シユウクリーム、スイートポテト。南蛮菓子から西洋菓子へと呼び名が変わり、新たな品々が数多登場。そんなスイーツ文明開化の東京で、孤児として生まれ育った真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。そこには今日もまた、甘い菓子目当てに若い元幕臣の警官達がやってくる。菓子作りの修業に精を出したい真次郎に、厄介事が次々と…。著者の魅力全開!明治の築地居留地で、西洋菓子屋の若主人と元幕臣の警官達「若様組」が繰り広げる「スイーツ文明開化」騒動記。
「BOOK」データベースより



物語は、明治二十三年の東京を舞台としています。
畠中恵さんは、「しゃばけ」シリーズの印象が強くて、つい江戸時代のお話が得意なのかなと思っていましたが(他のシリーズもそうだし)、今回は明治時代。
鎖国が終わり、文明開化で西洋の文化が怒涛のごとく入り込んでき、そこらじゅうに新しいものが溢れ、政府が移ってこれまでの生活ががらりと変わる、そんな時代に生きる若者たちを描いたこの物語、興味深く読みました。

畠中さんの描かれる物語は、どこかほんわかしていて、切実さというか現実味はいつも少し薄いのですよね。
だから、歴史小説というよりは、明治時代によく似た世界のファンタジーっぽくも感じるのですが、一話一話は面白くて、あっという間に読み終えました。

ただ、1冊の単行本として読んだときには、話と話がつながらない部分もあり、読者には少し不親切。
特に、「ゼリーケーキ儚し」の後にそのまま「ワッフルス熱し」と続くところは、私がページを読み飛ばしたのかと、少し前を見直してしまったほどです。

うやむやになっているところが、今後シリーズ化されることによって、丁寧に掘り下げて描かれていくのならいいのだけど、この1冊で完結となると残念です。
ということで、続編希望です!


>>続きを読む
畠中恵 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/09/17

「永遠の0」 百田尚樹

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

★★★★
は行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。