--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/03/06

「ひそやかな花園」 角田光代

ひそやかな花園ひそやかな花園
(2010/07/24)
角田 光代

商品詳細を見る

★★★★

親と子、夫婦、家族でいることの意味を根源から問いかける。『八日目の蝉』から三年。衝撃と感動に震える、角田光代の最高傑作誕生。
「BOOK」データベースより



子供の目線から見る大人たちの行動に、得体の知れない不穏な空気と隠された秘密。
大人になった子供たちが、その秘密に近づいていく。
ページを繰る手が止まらず、1日で読み切りました。

ネタバレしないように書くのが難しいな。
4章で泣きました。
秘密が何であるかということ云々よりも、そのことを知っていくなかでかつての子供たちがそれぞれの身の処し方を模索し、前へ進もうすとする姿に感動しました。

プロローグとエピローグを、嫌われ役の紗有美が担っているのがにくい。

昔好きでよく読んでいた角田光代さん。
当時絶賛された「八日目の蝉」が私はあまりしっくりこなかったあたりから遠ざかっていたのですが、またはまりそうです。

キャンプのことは、いくつかの通過した記憶とおなじに、遠のき色あせいつか消えてしまうのだろうと。彼らと再会したのちですらも、そう思っていた。でも、私たちはそれぞれの場所で暮らしながら、今までも、これからも、たとえ会わなくなったとしても、ずっとこの花畑を等しく持ち続けているのかもしれない。いつでも帰れる秘密の場所として。


スポンサーサイト
角田光代 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/01/23

「猫を拾いに」 川上弘美

猫を拾いに猫を拾いに
(2013/10/31)
川上 弘美

商品詳細を見る

★★★☆

恋をすると、誰でもちょっぴりずつ不幸になるよ。いろんな色の恋がある。小さな人や地球外生物、そして怨霊も現われる。心がふるえる21篇。傑作短篇小説集。
「BOOK」データベースより

川上弘美 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/01/17

「神様 2011」 川上弘美

神様 2011神様 2011
(2011/09/21)
川上 弘美

商品詳細を見る

★★★☆

くまにさそわれて散歩に出る。「あのこと」以来、初めて―。1993年に書かれたデビュー作「神様」が、2011年の福島原発事故を受け、新たに生まれ変わった―。「群像」発表時より注目を集める話題の書。
「BOOK」データベースより


「神様」を読んだのは何年前だったか。
改めて読んでうっすらと記憶が呼び戻される。
そのうえで、改編された「神様2011」を読む。
まったく違う世界でした。
あとがきまで読んで、作者の思いを知りました。

ウランの神様がもしこの世にいるとすれば、いったいそのことをどう感じているのか。やおよろずの神様を、矩を越えて人間が利用した時に、昔話ではいったいどういうことが起こるのか。


静かな怒り。
それでも日々は続いてゆく。
日々をたんたんと生きてゆく。
川上弘美 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/12/12

「裁縫師」 小池昌代

裁縫師裁縫師
(2007/06)
小池 昌代

商品詳細を見る

★★★☆

広大なお屋敷の鬱蒼とした庭の離れに、アトリエを構えるひとりの裁縫師。彼は、富豪のお抱えとも、息子だとも、愛人だとも噂されていた。ある日、9歳の「わたし」は、自分の服をあつらえてもらうために、母に連れられて裁縫師のもとを訪れる。採寸され、数日後にひとりアトリエを訪れた「わたし」だったが…。禁断の恋に身を任せる幼女を描いた「裁縫師」ほか、詩情とエロティシズムあふれる新感覚短篇5篇を収めた珠玉の小説集。
「BOOK」データベースより



5編収録。
「裁縫師」
なめらかな筆致にうっとりした。
一番好きな作品。

「女神」
かぜだまりという土地に越した男性の話。
男性視点からか、やや明け透けな語り口。

「空港」
叔父を迎えに空港へ行く状況、動物園の回想、遅れる飛行機、事の顛末、少しユーモラス。
「一年の終わりは、『魔の時』である。」
待つ、待つ、待つ。

「左腕」
乗っていたタクシーが事故に遭い、そこから物語がぐるぐると巡る。
着地点がどこに向かうのか、と思っていたら最後の一行でぞっとし、ある意味納得。

「野ばら」
驚くほどの食欲、先の無い小指、ピアノ「野ばらに寄す」、おめでとうの理解ができない美知子。
光窓くんはどうしているだろう。切ない。



か行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/10/14

「感光生活」 小池昌代

感光生活感光生活
(2004/06)
小池 昌代

商品詳細を見る

★★★☆

「わたし」という謎の中心に生きて在る感触へむけて、深く降りてゆく15の短篇。
「BOOK」データベースより



覚え書き。

隣人鍋
島と鳥と女
青いインク
ゴッド・オブ・チャンス
石を愛でる人
げんじつ荘
祭りの日
ハウル・ザ・バー
風のリボン
鳩の影
蜂蜜びんの重み
クラスメイト
中川鮒蔵商店
ミミとわたし
船上レストラン
か行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/12/03

「サヴァイヴ」 近藤史恵

サヴァイヴサヴァイヴ
(2011/06)
近藤 史恵

商品詳細を見る

★★★☆

他人の勝利のために犠牲になる喜びも、常に追われる勝者の絶望も、きっと誰にも理解できない。ペダルをまわし続ける、俺たち以外には―。日本・フランス・ポルトガルを走り抜け、瞬間の駆け引きが交錯する。ゴールの先に、スピードの果てに、彼らは何を失い何を得るのか。
「BOOK」データベースより



「エデン」に引き続き「サヴァイヴ」を読みました。
白石、伊庭、赤城の視点から描かれたスピンオフ的な6つの短編。

老ビプネンの腹の中
スピードの果て
プロトンの中の孤独
レミング
ゴールよりももっと遠く
トウラーダ

本編主役の白石のその後と、気になっていた伊庭の物語も面白かったですが、メインは本編の過去が知れる、赤城から見た石尾。
石尾のその後を知っているがゆえの感慨がありました。
やはり「サクリファイス」を再読しておいてよかったです。

最後はもうちょっと後味のよい物語で終わってもらえたらよかったのにな。
やはりスポーツものは清々しい気持ちで読み終えたいです。
というわけで、気持ちよく読み終われる続編を希望!
か行その他 | Comments(2) | Trackback(1)
2012/11/02

「エデン」 近藤史恵

エデンエデン
(2010/03)
近藤 史恵

商品詳細を見る

★★★☆

あれから三年―。白石誓は、たった一人の日本人選手として、ツール・ド・フランスの舞台に立っていた。だが、すぐさま彼は、チームの存亡を賭けた駆け引きに巻き込まれ、外からは見えないプロスポーツの深淵を知る。そしてまた惨劇が…。ここは本当に「楽園」なのだろうか?過酷なレースを走り抜けた白石誓が見出した結論とは。
「BOOK」データベースより



先日「サクリファイス」を再読したので、忘れないうちに続編の「エデン」を読みました。
舞台を本場ヨーロッパに移し、競技自体の面白さがぐっと際立った内容でした。
競技の過酷さはもちろん、頭脳戦、心理戦、紳士協定、チームワークといった自転車競技ならではの駆け引き、プロスポーツとしての厳しい現実など、いろんな側面を垣間見ることができて純粋に楽しめました。
だからこそ、ミステリーとしての顛末が悲しかったな。
タイトル剥奪、永久追放と最近話題になっていた実在の有名選手とも重なって、さらに現実味が増しました。
そういう黒い部分もスポーツにはつきものなのかもしれないけれど、残念な気持ちです。
か行その他 | Comments(2) | Trackback(1)
2012/08/20

「サクリファイス」 近藤史恵

サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
(2010/01/28)
近藤 史恵

商品詳細を見る

★★★☆

ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと――。陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。かつての恋人との再会、胸に刻印された死。青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた! 大藪春彦賞受賞作。
(新潮社HPより)


再読。
オリンピックシーズンの最中、スポーツがテーマになっている読みたいなと思っていたところに図書館で目に入ってきたので借りてきました。
以前読んだのは、4、5年前になるでしょうか。
そのうち続編の「エデン」も読みたいなと思っていたので、いい復習にもなりました。
ミステリーの要素も大きいですが、自転車競技の魅力をたくさん教えてもらった一冊です。
か行その他 | Comments(2) | Trackback(0)
2012/05/18

「天頂より少し下って」 川上弘美

天頂より少し下って天頂より少し下って
(2011/05/23)
川上 弘美

商品詳細を見る

★★★☆

奇妙な味とユーモア、そしてやわらかな幸福感―川上マジックが冴えわたる、極上の恋愛小説全7篇。
「BOOK」データベースより



以下7編収録。
一実ちゃんのこと
ユモレスク
金と銀
エイコちゃんのしっぽ
壁を登る
夜のドライブ
天頂より少し下って

読み始めて気付きましたが、「エイコちゃんのしっぽ」は他の本で既読でした。
恋愛小説とひとくくりにしてもよいものか、と思う川上さんらしいお話ばかり。
「ユモレスク」「壁を登る」が特によかったです。
川上弘美 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/16

「東京日記3 ナマズの幸運。」 川上弘美

東京日記3 ナマズの幸運。東京日記3 ナマズの幸運。
(2011/01/26)
川上 弘美

商品詳細を見る

★★★★

おおむね楽しい、ちょっぴりさみしい。カラダ半分、ずれている――。カワカミ・ワールドが詰まった、日記シリーズ最新作。2008~2010年までの3年分を収録。「WEB平凡」の人気連載を単行本化。
平凡社HPより



東京日記3まで、ゆるゆると続けて読みました。
読んでいるうちに肩の力が抜けてきて、とても楽しいリラックスした時間を過ごせました。

ちなみに、現在も東京日記は連載中で、こちらから読めるようです。 →WEB平凡

ただ、3までを縦書きで読んできたので、突然横書きで読むと雰囲気が変わってしまう気も。
東京日記4として、単行本になるまで待つか、ネットで読んでしまうか、迷うところ。
川上弘美 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。