--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/02/17

「てふてふ荘へようこそ」 乾ルカ

てふてふ荘へようこそてふてふ荘へようこそ
(2011/05/31)
乾 ルカ

商品詳細を見る

★★★☆

直木賞候補作『あの日にかえりたい』の異才が挑んだ、笑いあり涙ありの連作ヒューマンドラマ!このアパート、なにやら秘密があります。特異な事情を抱えた6人の住人たちが出会った奇跡。切なくて、哀しくて、でもあったかい、おんぼろアパート物語。予想外のラストまでノンストップ。
「BOOK」データベースより



早い段階で展開が読めてしまったので新鮮な驚きや高揚感はなかったけど、そのぶん安心して事の推移を見守るように読みました。
少し不思議であたたかな物語。

スポンサーサイト
あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/07/31

「なでし子物語」 伊吹有喜

なでし子物語 (一般書)なでし子物語 (一般書)
(2012/11/07)
伊吹 有喜

商品詳細を見る

★★★★

父を亡くし母に捨てられ、祖父に引き取られたものの、学校ではいじめに遭っている耀子。夫を若くして亡くした後、舅や息子と心が添わず、過去の思い出の中にだけ生きている照子。そして、照子の舅が愛人に生ませた男の子、立海。彼もまた、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しんでいる。時は一九八〇年、撫子の咲く地での三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かしはじめる―『四十九日のレシピ』の著者が放つ、あたたかな感動に満ちた物語。
「BOOK」データベースより



泣きました。
耀子と立海があまりにいたいけで、不憫で。
傷つきながら少しずつ、前に進もうとする姿がいじらしくて。

きっとこの先も、それぞれにいろんな困難が待ち受けているのが簡単に想像できる。
けれど強くなって、その理不尽な壁を乗り越えていって欲しい。
そう願わずにはいられませんでした。

自立、かおをあげていきること。
自律、うつくしくいきること。
(中略)
やらまいか。
あたらしいじぶんを、つくるんだ。

あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/06/03

「ピエタ」 大島真寿美

ピエタピエタ
(2011/02/09)
大島 真寿美

商品詳細を見る

★★★★

18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児たちを養育するピエタ慈善院で“合奏・合唱の娘たち”を指導していた。ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の訃報が届く。一枚の楽譜の謎に導かれ、物語の扉が開かれる―聖と俗、生と死、男と女、真実と虚構、絶望と希望、名声と孤独…あらゆる対比がたくみに溶け合った、“調和の霊感”。今最も注目すべき書き手が、史実を基に豊かに紡ぎだした傑作長編。
「BOOK」データベースより



あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/05/19

「我が家の問題」 奥田英朗

我が家の問題我が家の問題
(2011/07/05)
奥田 英朗

商品詳細を見る

★★★☆

平成の家族小説シリーズ第2弾!
完璧すぎる妻のおかげで帰宅拒否症になった夫。両親が離婚するらしいと気づいてしまった娘。里帰りのしきたりに戸惑う新婚夫婦。誰の家にもきっとある、ささやかだけれど悩ましい6つのドラマ。
集英社HP



家族をテーマにした、6つの短編。
数年前に「家日和」を読みましたが、その第2弾。

甘い生活?
ハズバンド
絵里のエイプリル
夫とUFO
里帰り
妻とマラソン


奥田秀朗さんの文章は、本当にするすると読みやすいです。
第1弾はかなりユーモアにデフォルメされていたように記憶していますが、今回は少し抑えめで、そのぶんリアリティが強いように思いました。
なかでも「里帰り」が比較的自分の状況に近くて、身につまされるというか、耳が痛いというか。
「夫とUFO」「妻とマラソン」の2作が、読後感もよくて好きでした。
あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/05/02

「人質の朗読会」 小川洋子

人質の朗読会人質の朗読会
(2011/02)
小川 洋子

商品詳細を見る

★★★☆

遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた。紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは人質たちと見張り役の犯人、そして…しみじみと深く胸を打つ、小川洋子ならではの小説世界。
「BOOK」データベースより


読み終えてからひと月過ぎていたので、覚え書きのみ。

今まで読んできた小川洋子さんの作品は、固有名詞が少ないからかどこの国のどんな時代が舞台なのかがあいまいなお話が多かったのですが、この作品ははっきりと輪郭を持っていました。

一つ一つの物語は人質となった人達が書いた形なので、年齢や性別、文章の得手不得手など、書き手によって文章の雰囲気が変わります。
それでも小川さんらしい作風と、許容できる文章のラインを絶妙に保ちつつ、とても静かに語られていきました。
結末を既に知っているからこその、不思議な余韻の残る物語でした。
小川洋子 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/03/06

「その場小説」 いしいしんじ

その場小説その場小説
(2012/11/09)
いしい しんじ

商品詳細を見る

★★★☆

京都の書店では一冊の本が全裸の女に変わり男と交歓し、東京のお寺ではビルマのジャングルに飛んだ男がトラを見て小便を漏らす。香川の豊島ではじいさんが指でキスを釣り、大分のストリップ劇場では湯の中に男も女も生も死も溶けていく―。豊かで深い空間と時間が立ち上がり、胸の底で眠っていた魂が踊り出す。北海道、長野、茨城、東京、京都、熊本、福岡、大分、沖縄―。出会った人々、空気、時間に任せ、うねり弾む文体で紡がれた特別な小説。
「BOOK」データベースより



自作の小説の朗読を依頼され、既に書き終えた作品に興味を持てないいしいさんが、「その場」で書いたものを朗読する形式を始めたことをきっかけに、依頼があればその手法で即興の小説を書き連ねて読み、その出来上がった54の物語が1冊の本となったそうです。
現実と空想の世界が入り乱れた、突飛で不思議ないしいワールドが全開でした。
震災後に書かれた物語は、それに絡んだものが多かったように思います。
怒りだったり、悲しみだったり、そういう感情が直接的ではなく、にじみ出ていたように感じました。

とにかくすごい才能。
本として読んで面白かったけど、その場でしか味わえない空気や面白さ、臨場感があるんだろうな。
物語が生まれた瞬間に居合わせたお客さんがうらやましいです。
あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/02/18

「金米糖の降るところ」 江國香織

金米糖の降るところ金米糖の降るところ
(2011/09/28)
江國 香織

商品詳細を見る

★★★☆

ブエノスアイレス近郊の日系人の町で育った佐和子とミカエラの姉妹は、少女の頃からボーイフレンドを“共有すること”をルールにしていた。留学のため来日したふたりだったが、誰からも好かれる笑顔の男・達哉に好意を抱く。しかし達哉は佐和子との交際を望み、彼女は初めて姉妹のルールを破り、日本で達哉と結婚。ミカエラは新しい命を宿してアルゼンチンに帰国する。20年後、佐和子は突然、達哉に離婚届を残して、不倫の恋人とともにブエノスアイレスに戻る。一方、妹のミカエラは多感な娘に成長したアジェレンと暮らしていたが、達哉が佐和子を追いかけ、アルゼンチンにやってくると…。東京とアルゼンチン・ブエノスアイレス、華麗なるスケールで描く恋愛小説。
「BOOK」データベースより



久々に江國香織さん。
アルゼンチンの日系人として生まれ育った姉妹それぞれの独特なアイデンティティを絡めながら、倒錯した恋愛観を美しく壮大に描いた作品でした。
正直共感できない部分が大半なのですが、それもいつものこと(笑)
恋愛の諸々はさらさらと流れてあまりつめ跡を残さず、少女の立てた十字架と、タイトルの金米糖の由来が心に残りました。

ところで、たぶちんは共有しないのでしょうかね。
江國香織 | Comments(2) | Trackback(1)
2013/02/05

「ことり」 小川洋子

ことりことり
(2012/11/07)
小川 洋子

商品詳細を見る


★★★☆

世の片隅で小鳥のさえずりにじっと耳を澄ます兄弟の一生。図書館司書との淡い恋、鈴虫を小箱に入れて歩く老人、文鳥の耳飾りの少女との出会い…やさしく切ない、著者の会心作。
「BOOK」データベースより



小川洋子 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/02/03

「プラネタリウムのふたご」 いしいしんじ

プラネタリウムのふたご (講談社文庫)プラネタリウムのふたご (講談社文庫)
(2006/10/14)
いしい しんじ

商品詳細を見る

★★★☆

だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。―星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、彗星にちなんで名付けられたふたご。ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは?こころの救済と絶望を巧まず描いた長編小説。
「BOOK」データベースより



いしいしんじさんは何冊か読んでいますが、今作の独特な語り口に慣れるのに時間がかかったのと、前半の細やかで緩やかな物語の進み方に、かなりのスローペースな読書となりました。
でも最後まで読み切ってよかった。
残酷な出来事に打ちのめされ、涙なしには読めなかったけれど、それを包み込む大きな温かさと優しさが心に染み、救われました。
とてもとても長い、大人の童話を読んだような思いです。

あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/12/26

「シューマンの指」 奥泉光

シューマンの指 (100周年書き下ろし)シューマンの指 (100周年書き下ろし)
(2010/07/23)
奥泉 光

商品詳細を見る

★★★★

シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。鮮やかな手さばきで奏でる“書き下ろし”長篇小説。
「BOOK」データベースより



表現が硬くて言い回しも難解に感じ、専門用語も多かったので、正直とても読みづらかったです。
クラシック音楽にもシューマンにもまったく見識がないため、言葉からそれを想像するという作業に疲れ、最後まで読めるかなと少し怪しみながら、何度も休憩を挟みつつ前半をやり過ごしました。
音楽を言葉で表現することのむずかしさ、それを感じ取ることのむずかしさを改めて知りました。
鹿内が登場するあたりでユーモアも出てきてそれに救われながら、後半はぐいぐいとその物語の流れに飲み込まれていって、いつの間にか読み切っていました。

ミステリーと思って読んでいなかったのがよかったのか、いろいろな仕掛けに素直にはまった私は、最後まで物語の表裏にくるくると翻弄されながらその驚きを楽しめたのでした。
真相を知った今、またいちから読み返してみたくなるような一冊です。
あ行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。