--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/29

2010年の読了本

「完全恋愛」牧薩次 ★★★☆
「魚神」千早茜 ★★★☆
「カツラ美容室別室」山崎ナオコーラ ★★★☆
「鼓笛隊の襲来」三崎亜記 ★★★☆
「告白」 湊かなえ ★★★☆
「永遠の0」百田尚樹 ★★★★
「わたしを離さないで」カズオイシグロ ★★★☆
「ワーキング・ホリデー」坂木司 ★★★☆
「逃亡くそたわけ」絲山秋子 ★★★☆
「アイスクリン強し」畠中恵 ★★★☆
「トリツカレ男」いしいしんじ ★★★★★
「長い終わりが始まる」山崎ナオコーラ ★★☆☆
「夜明けの縁をさ迷う人々」小川洋子 ★★★☆
「怪訝山」小池昌代 ★★★☆
「図書館危機」有川浩 ★★★☆
「お縫い子テルミー」栗田有起 ★★★☆
「原稿零枚日記」小川洋子 ★★★☆
「図書館革命」有川浩 ★★★★
「別冊 図書館戦争Ⅰ」有川浩 ★★★★
「ポトスライムの舟」津村記久子 ★★★☆
「声出していこう」朝倉かすみ ★★★☆

計21冊。

ちなみに昨年が37冊で、年々減っているような気がします。
今年は引越しもあったので、本を読む余裕もない時期が長かった。
こうして見てみると、女性作家さんの本をよく読んでいたようです。

このなかで印象に残っているものをいくつか。
今年一番、この本に出会えてよかったと思ったのが「トリツカレ男」。
温かく幸せな気持ちにさせてくれました。
なんの予備知識もないままたまたま借りたので、出会えたことに感謝です。

感想を書いてないのだけど「永遠の0」。
最初はあんまり興が乗らなくて、読むのに時間がとてもかかりました。
でもだんだんと引き込まれていって、最後は祈るような気持ちで読んでいました。
戦争がテーマのこのお話、読んでいたのがちょうど夏の終戦記念日前後で、しかも偶然にも戦争関連の記念館に行く機会があったので、なおのこと印象に残っています。

「わたしを離さないで」は衝撃的でした。
本当に久しぶりに翻訳本を読んだので、新鮮でもありました。

しばらく遠ざかっていた有川浩さんも面白さを再認識。
どんどん読めたいです。


と、こんな読書の一年でした。
来年も素敵な本との出会いがありますように。
スポンサーサイト
各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(3)
2010/01/13

2009年の読了本

「夫婦一年生」朝倉かすみ ★★★★
「遊女のあと」諸田玲子 ★★★☆
「二つの月の記憶」岸田今日子 ★★★☆
「悪人」吉田修一 ★★★★
「平台がおまちかね」大崎梢 ★★★☆
「ロードムービー」辻村深月 ★★★☆
「ラジ&ピース」絲山秋子 ★★★☆
「ギフト」日明恩 ★★★☆
「蟋蟀」栗田有起 ★★★☆
「戸村飯店青春100連発」瀬尾まいこ ★★★★
「サイゴン・タンゴ・カフェ」中山可穂 ★★★★
「九つの、物語」橋本紡 ★★★☆
「ことば汁」小池昌代 ★★★☆
「倒立する塔の殺人」皆川博 ★★☆☆
「陰日向に咲く」劇団ひとり ★★★☆
「タタド」小池昌代 ★★★★
「永遠に来ないバス」小池昌代 ★★★☆
「薄妃の恋」仁木英之 ★★★☆
「つむじ風食堂の夜」吉田篤弘 ★★★☆
「胡蝶の失くし物」 仁木英之 ★★★★
「いつか王子駅で」堀江敏幸 ★★☆☆
「代筆屋」辻仁成 ★★☆☆
「ひとり日和」青山七恵 ★★☆☆
「こころげそう」畠中恵 ★★☆☆
「むかし女がいた」大庭みな子 ★★★☆
「論理と感性は相反しない」山崎ナオコーラ ★★★☆
「こいしり」畠中恵 ★★★☆
「すきまのおともだちたち」江國香織 ★★★☆
「架空の球を追う」森絵都 ★★★☆
「ブラフマンの埋葬」小川洋子 ★★★☆
「f植物園の巣穴」梨木香歩 ★★★★
「きみはポラリス」三浦しをん ★★★☆
「白の鳥と黒の鳥」いしいしんじ ★★★★
「きりこについて」西加奈子 ★★★☆
「三面記事小説」角田光代 ★★☆☆
「モサ」 山崎ナオコーラ/荒井良二 ★★★☆
「逃げの一手」まど・みちお ★★★☆

計37冊

昨年はプライベートでいろいろとあった年で、正直読書どころではない月もありましたが、思ったよりは読んでいました。

昨年初めて読んで、特に好きになったのが小池昌代さん。
言葉の使い方がとても素敵だなと思いました。
山崎ナオコーラさんも初めて読んで、気になっている作家さんです。
短編で一番好きだったのは、いしいしんじさんの「白の鳥と黒の鳥」。
あんなに短い話でも、印象に強く残る話が多かったです。
長編では、元々瀬尾まいこさん好きなので、「戸村飯店青春100連発」。
梨木香歩さんの「f植物園の巣穴」は最後まで読んでよかった1冊。
中編では中山可穂さんの「サイゴン・タンゴ・カフェ」に圧倒されました。
シリーズものでは仁木英之さんの僕僕先生シリーズが楽しくて続編が待ち遠しいです。
そんな、2009年の読書でした。

さて2010年は、他にしなければいけないこと、したいこと、がたくさんあり、それを軌道に乗せることが大前提なので、読書ペースはさらに落ちるかもしれません。
でも、ゆっくりでも読めていけたらいいな。
素敵な本との出会いがあることを期待しつつ、このブログを細々と続けていきたいと思っています。
各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/03/01

1~2月の読了本

「夫婦一年生」朝倉かすみ ★★★★
「遊女のあと」諸田玲子 ★★★☆
「二つの月の記憶」岸田今日子 ★★★☆
「悪人」吉田修一 ★★★★
「平台がおまちかね」大崎梢 ★★★☆
「ロードムービー」辻村深月 ★★★☆
「ラジ&ピース」絲山秋子 ★★★☆
「ギフト」日明恩 ★★★☆
「蟋蟀」栗田有起 ★★★☆

最近にしては、2月はわりと読書の進んだ月でした。
長編の「悪人」と「遊女のあと」は途中から一気読みでした。
「夫婦一年生」もかわいくて好きでした。
朝倉かすみさんが最近好きで、図書館でもついつい目がいきます。
でも続けて読むと飽きる可能性があるし、何よりもったいないので(笑)、続けて読まないように自重してます。

それと、2009年から、通常は4星評価の記載にしました。
といっても、判断基準は今までと同じです。 →★評価について
5星は今までに1冊しか付けていなくて(しかも再読の)、年に1冊あるかないかというところ。
パッと見、すごく厳しいように見えてしまうので(笑)、4星以下は4星記載にします。
もちろん、5星を付けたい本に出会ったら、★★★★★で!
今年は出会えるかな?
各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/01/02

9~12月の読了本

2008年9~12月の読了本です。

「好かれようとしない」朝倉かすみ ★★★☆☆
「食堂かたつむり」小川糸 ★★☆☆☆
「流星の絆」東野圭吾 ★★★☆☆
「ミミズクと夜の王」紅玉いづき ★★★★☆
「夕暮れのマグノリア」安東みきえ ★★★☆☆
「冷たい校舎の時は止まる」辻村深月 ★★★☆☆
「赤い指」東野圭吾 ★★★☆☆


4ヶ月分と思えない冊数ですが…(苦笑)
計7冊読了です。
層が薄くて、どれがお気に入りかを書くのも難しいですが、号泣で言えば「ミミズクと夜の王」、はまり度でいけば「冷たい校舎の時は止まる」でした。
うーん、若い感じ(笑)

読み出せば読むんですが、なかなか手にとらなくなってきました。
とっつきが悪いのか…。
でも趣味として読んでいるので、読むことを義務にはしたくないし、またそのうち気が乗ってくればよく読むようになるのかなぁと思います。
2009年も、ますますマイペースに更新していこうと思います(笑)
本年もよろしくお願い申し上げます。

各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/09/01

5~8月の読了本

「リリイの籠」豊島ミホ ★★★★☆
「花宵道中」宮木あや子 ★★★★☆
「とりつくしま」東直子 ★★★☆☆
「図書館内乱」有川浩 ★★★☆☆
「雲を斬る」池永陽 ★★★☆☆
「万寿子さんの庭」黒野伸一 ★★★★☆
「白い月黄色い月」石井睦美 ★★☆☆☆
「ケッヘル」中山可穂 ★★★☆☆
「仏果を得ず」三浦しをん ★★★☆☆
「神様のパズル」機本伸司 ★★★☆☆
「禁断のパンダ」拓未司 ★★★☆☆
「さよならサンドイッチ」前川梓 ★★★☆☆
「お月さん」桐江キミコ ★★★☆☆
「こうふく あかの」西加奈子 ★★★☆☆
「阪急電車」有川浩 ★★★☆☆
「名もなき毒」宮部みゆき ★★★☆☆
「回転ドアは、順番に」穂村弘 東直子 ★★★★☆


気がついたら、ずっと各月のまとめを書いてませんでした。
5月ごろの記憶などちょっと危ういのですが、区切りをつけるためにひとまとめ。

短編集では「リリイの籠」「花宵道中」「とりつくしま」「お月さん」の印象が強いです。
「リリイの籠」は懐かしい気持ちもあるし、「花宵道中」はその世界観に酔いしれました。

長編は「ケッヘル」が圧倒的に読み応えがありました。
「雲を斬る」も爽やかで、おもしろかったです。

小説ではありませんが、「回転ドアは、順番に」はとても新鮮でした。
短歌のおもしろさを知り、言葉や文字の持つ力を体感しました。
各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/05/03

1~4月の読了本

「ホテルジューシー」坂木司 ★★★☆☆
「新釈 走れメロス 他四篇」森見登美彦 ★★★☆☆
「ちんぷんかん」畠中恵 ★★★☆☆
「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸 ★★★☆☆
「ダイイング・アイ」東野圭吾 ★★☆☆☆
「さよなら、そしてこんにちは」荻原浩 ★★★☆☆
「サクリファイス」近藤史恵 ★★★☆☆
「八日目の蝉」角田光代 ★★☆☆☆
「ホルモー六景」万城目学 ★★★☆☆

1~4月までの読了本です。
読みはしたけど、心ここにあらずだったり、惰性で読んだりしたものが多くて、評価がかなり適当です。
(★の数を少し変更しました。)
感想もあまり書いてないし。

理由の1つは(これがほとんどを占めるんですが)、実父が重い病気になってしまったこと。
離れて住んでいるので、何度も帰省したために図書館で本を借りるのを控えていたし、そもそも精神的に本を読める状態ではありませんでした。
特に1~2月は本当にしんどかった。
今のところ病状が小康状態なのと、本人を含め周りや私が状況に少し順応してしまったため、現在はほぼ通常通りの生活に戻っています。

もう1つは、今年の4月から早起きする必要があって、睡眠時間が今までより1~2時間減ってしまったこと。
本を読み始めると睡魔が襲ってきて、なかなか読み進みません。
集中できないせいか、読書熱も下がり気味なんです。

ここ以外に別のブログを2つ書いてますが、そちらは料理中心なので、毎日作るものだからそちらに重点を置いちゃってます^^;
この生活にも慣れて読書熱が上がってくると、そのうちペースも戻ってくるかもしれません。
ムリせず、細く長く続けていけたらいいなぁと思っています。

よかったら別ブログも覗いてみてください★
・毎日の食事や日々のつれづれ →まりも日誌~読書の合間に~
・お弁当作りの記録 →まりもキッチン
各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/12/31

12月の読了本

「鴨川ホルモー」 万城目学 ★★★☆☆
「東京・地震・たんぽぽ」 豊島ミホ ★★★★☆
「包帯クラブ」 天童荒太 ★★★☆☆
「一瞬の風になれ 1 ―イチニツイテ―」 佐藤多佳子 ★★★☆☆
「この人と結婚するかも」 中島たい子 ★★★☆☆
「チェリー」 野中ともそ ★★☆☆☆
「吉原手引草」 松井今朝子 ★★★☆☆

今月は、計7冊でした。
ただでさえ忙しい師走ですが、月の後半に水ぼうそうにかかってしまい、症状がおさまってからもバタバタして、読書がなかなか進みませんでした。
大人の水ぼうそうは大変でした。
まだかかってない方、お気をつけくださいませ。

今月読んでよかったのは、「東京・地震・たんぽぽ」です。
「一瞬の風になれ」は、2、3を借りていましたが、読めないまま期限がきて、返してしまいました。
現在も、図書館から借りてきて消化できていない本がたくさんあるので、まずはそちらから読んでいこうと思います。

いよいよ本日で2007年も終わりです。
今月はあまり読めませんでしたが、年間を通してたくさんの本が読め、素敵な本と出会えました。
来年もいい読書ができると嬉しいです。

このブログは今年からはじめたわけですが、読んでくださる方がいらっしゃって、とても嬉しいです。
なかなかうまく感想が書けず、その拙さをもどかしく感じることも多々ありました。
もっと自分の感じたことを言葉にできるように、来年からも頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!
各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/30

11月の読了本

「プリズム」 野中柊 ★★☆☆☆
「がらくた」 江國香織 ★★★☆☆
「失われた町」 三崎亜記 ★★★☆☆
「家日和」 奥田英朗 ★★★☆☆
「図書館戦争」 有川浩 ★★★★☆
「年に一度、の二人」 永井するみ ★★★☆☆
「読み違え源氏物語」 清水義範 ★★★☆☆
「犬と私の10の約束」 川口晴 ★★★☆☆
「長崎くんの指」 東直子 ★★★★☆
「かってまま」 諸田玲子 ★★★☆☆
「ジェネラル・ルージュの凱旋」 海堂尊 ★★★★☆
「うさぎパン」 瀧羽麻子 ★★★☆☆
「千年樹」 荻原浩 ★★★★☆

計13冊でした。
好みの本が多くて、充実していました。
そのわりには読書が進まなかったのですが(笑)

ずっと読みたかった「図書館戦争」の予約がようやくまわってきて嬉しかったです。
読み出すと止まらなかったのが「図書館戦争」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」で、余韻をひきずったのは「長崎くんの指」と「千年樹」でした。
各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/10/31

10月の読了本

「螺鈿迷宮」 海堂尊 ★★★☆☆
「シンデレラ・ティース」 坂木司 ★★★★☆
「めぐらし屋」 堀江敏幸 ★★★☆☆
「さようなら、コタツ」 中島京子 ★★★☆☆
「図書準備室」 田中慎弥 ★☆☆☆☆
「ふじこさん」 大島真寿美 ★★★☆☆
「FINE DAYS」 本多孝好 ★★☆☆☆
「ティッシュペーパー・ボーイ」 有吉玉青 ★★★☆☆
「Rのつく月には気をつけよう」 石持浅海 ★★★☆☆
「あなたがここにいて欲しい」 中村航 ★★★★☆
「しずく」 西加奈子 ★★★★☆
「株式会社ハピネス計画」 平山瑞穂 ★★★☆☆
「エスケイプ/アブセント」 絲山秋子 ★★★☆☆
「ししゃも」 仙川環 ★★☆☆☆
「片耳うさぎ」 大崎梢 ★★★☆☆


以上、15冊でした。
振り返ると、「しずく」が特によかったです。
苦手、読まず嫌いの作家さんが好きになった点では、「シンデレラ・ティース」「あなたがここにいて欲しい」の2作も大きな収穫でした。
他の作品も読んでみたくなりました。
各月の読了本 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。