--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/12/23

「たまさか人形堂それから」 津原泰水

たまさか人形堂それからたまさか人形堂それから
(2013/05/24)
津原 泰水

商品詳細を見る

★★★☆

口紅を塗られたリカちゃん、髪が伸びる市松人形、伝説の作家が手掛けた昭和30年代のマネキン―素人同然の店主・澪、縫いぐるみの天才・冨永くん、わけあり熟練職人・師村さん―お店は本日も営業中!好評シリーズ第二弾。
「BOOK」データベースより



5編。
「香山リカと申します」
「髪が伸びる」
「小田巻姫」
「ピロシキ日和」
「雲を越えて」

たまさか人形堂の続編。
前作同様楽しんで読んでいたら、「小田巻姫」あたりから冨永くんの様子がおかしくなっていく。
澪との会話のなかで放たれた言葉が痛い。
それに触発された澪の行動。
このままシリーズ化していきそうな雰囲気なので、成長した冨永くんの姿を見て安心したい。

ピロシキ、いいですね。
澪と束前さんの関係がどうなっていくのか、あるいはどうもならないのかも気になります(香山リカがうっとうしい!)
スポンサーサイト
た行その他 | Comments(2) | Trackback(0)
2013/10/25

「たまさか人形堂物語」 津原泰水

たまさか人形堂物語たまさか人形堂物語
(2009/01)
津原 泰水

商品詳細を見る

★★★★

祖母の形見の零細人形店を継ぐことになったOL澪。押しかけアルバイトの人形マニア、冨永くんと謎の職人、師村さんに助けられ、お店はそこそこの賑わいを見せていた。「諦めてしまっている人形も修理します」という広告に惹かれ、今日も傷ついた人形を抱えたお客がやってきて澪たちは東奔西走することに。チームワーク抜群の3人の活躍が始まる。
「BOOK」データベースより



少し読書から離れていたので、リハビリがてらに薄めの本を、と借りました。
軽快な会話、人形にまつわるうんちく、各話ごとにはっとする結末、3人の関係性。
とても面白くて1日で読めました。

毀す理由
恋は恋
村上迷想
最終公演
ガブ
スリーピング・ビューティ


「毀す理由」と「最終公演」、特に印象深かったです。

青い眼の人形に、キューピー。
最初が最後につながって、丸く収まるかと思いきや、ぷつんと切れるような最終行。
え、そこで終わっちゃうんだ、と思うその余韻もまたおかしい。

続編があるとのことで、さっそく予約を入れました。
た行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/06/03

「歓喜の仔」 天童荒太

歓喜の仔 下巻歓喜の仔 下巻
(2012/11/22)
天童 荒太

商品詳細を見る

★★★☆

運命を切り拓く勇気がある者の胸に高らかに鳴り響け、“歓びの歌”。いじめ、差別、テロ、裏切り―。この残酷な世界で、なぜ人類は滅びないのか?生き抜くための“道標”、世界文学の誕生。
「BOOK」データベースより

た行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/03/06

「歓喜の仔」 天童荒太



歓喜の仔 上巻歓喜の仔 上巻
(2012/11/22)
天童 荒太

商品詳細を見る

★★★☆

愛も夢も奪われた。残されたものは、生きのびる意志だけだった。『永遠の仔』『悼む人』を経て、天童文学はここまで進化を遂げた。日本の現実を抉り、混迷する世界と繋がり、私たちの魂を源から震憾させる金字塔、ここに。
「BOOK」データベースより


まだ上巻のみなので、覚え書き。
かなり重たい内容だけど、文章が読みやすくて引き込まれる。
後半、子どもたちに救いがありますように。
下巻の予約をするのが遅れて、今現在58人待ち。
早く続きが読みたいです。
た行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/02/18

「おしかくさま」 谷川直子

おしかくさまおしかくさま
(2012/11/09)
谷川 直子

商品詳細を見る

★★★☆

おしかくさまという“お金の神様"を信仰している女達に出会った49歳のミナミ。先行き不安なバツイチの彼女は、その正体が気になって…… “現代の神"お金を問う、文藝賞受賞作。


た行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/09/01

「夜市」 恒川光太郎

夜市夜市
(2005/10/26)
恒川 光太郎

商品詳細を見る

★★★☆

大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。夜市では望むものが何でも手に入る。小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが―。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。
「BOOK」データベースより



恒川光太郎さんの著作を初めて読みました。
ホラー小説大賞受賞ということで、背筋がぞくぞくするのかなという予想に反して、幻想的な怪奇譚でした。

デビュー作でこの完成度。
静けさを感じる筆致は簡潔で、場面をイメージしやすく、読みやすいです。
いずみの不用心さは少し気にかかりましたが、気構えて読んでいる読者をハラハラさせる効果あり。

実は「夜市」の後に「風の古道」が収録されているというのを気付かなくて、実際はもう終盤のところで、まだまだページ数があるからどんなふうに展開していくんだろうと思ったら、終わってしまった!という軽い衝撃とともに読み終えました(笑)
そういう読み手側のミスって、作品の善し悪しに関係なく読後の印象に響きますね。
というわけで、「風の古道」のほうがよく感じましたが、どちらも面白かったです。

両方の物語のなかに、夜市や永久浮浪者という言葉がさりげなく共通して出てきますが、これは恒川さん独自の壮大な世界観の一端なのでしょうか。
その世界観が、これからどんな物語を紡いでいくのか、他の作品も読んでみたくなりました。
た行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/13

「ポトスライムの舟」 津村記久子

ポトスライムの舟ポトスライムの舟
(2009/02/05)
津村 記久子

商品詳細を見る

★★★☆

お金がなくても、思いっきり無理をしなくても、夢は毎日育ててゆける。契約社員ナガセ29歳、彼女の目標は、自分の年収と同じ世界一周旅行の費用を貯めること、総額163万円。第140回芥川賞受賞作。
「BOOK」データベースより




芥川賞をとった表題作「ポトスライムの舟」と「十二月の窓辺」の2話を収録。
自分と同年代女性の作家さんなので、距離感をあまり感じることなく読めたような気がします。

ただ、読んでいて暗澹とした気分にはなりました。
後で知りましたが、津村さんご自身、勤務先の上司からひどいパワハラを受けていたそうで、とくに「十二月の窓辺」はそのときの実体験が元になっているのだそうです。

ツガワに浴びせられる上司の言葉の暴力に、一緒になって心が折れそうでした。
あまりにひどいモラルハラメントに憤りながらも、こんな理不尽な言われ方はそうそうないだろうと思いながら読んだので、二度驚かされました。

学校を卒業し、社会人一年生になったとき、新人はその職場の常識=社会全体の常識だと捉えてしまうことがよくあるように思います。
上司の一方的な言い様に、ツガワが尊厳を踏みにじられ、社会からも全否定されているように感じている姿がつらかった。

結局、どこへ行っても槍玉に挙げられる人間はいて、組織というものがその構造から脱することはないのだ、とツガワは大きな無力感に見舞われながら、日々の仕事に耐えていた。



「ポトスライムの舟」は、日常を淡々と描きながら、感情の動きが繊細にも間接的に表わされている印象を受けました。
私もポトスを水栽培しているのですが、わりと丈夫で、気づけばいつの間にか根は伸び、葉を増やしています。
可憐でも優美でもないただの葉なのだけど、そしてもちろん食べられもしないのだけど、目立つことはなくとも揺れながらも地道に生きていて、ナガセの姿にも重なるように感じたのでした。
た行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/15

「魚神」 千早茜

魚神魚神
(2009/01/05)
千早 茜

商品詳細を見る

★★★☆

生ぬるい水に囲まれた孤島。ここにはかつて、政府によって造られた一大遊廓があった。捨て子の姉弟、白亜とスケキヨ。白亜は廓に売られ、スケキヨは薬売りとして暗躍している。美貌の姉弟のたましいは、惹きあい、そして避けあう。ふたりが再び寄り添うとき、島にも変化が…。第21回小説すばる新人賞受賞作。
「BOOK」データベースより



予約が回ってきて、ひと月以上前に読んだ本です。
簡単に感想を。

「白亜、恐ろしいのと美しいのは僕の中では同じだよ。雷も嵐も雷魚も赤い血も。そういうものにしか僕の心は震えない。どちらかしかないとしたら、それは偽物だ。恐ろしさと美しさを兼ね備えているものにしか価値はないよ。僕はそう思っている。」


スケキヨの言葉にもあるように、この物語は、恐ろしさと美しさの混在した不思議でなんとも雰囲気のある世界が舞台となったお話でした。

千早茜さんのデビュー作ということで、きっと大事に大事にあたためてきた世界観なのかなと思いました。
舞台と背景にとても魅力があって、どっぷりと浸りながら読みました。
この世界観に期待が過剰に高まってしまい、ストーリー展開のほうはちょっと肩透かしだったのですが(特に後半)、それでもぐいぐいと引き込まれる文章で、一気読みしました。

スケキヨよりも、蓮沼の印象のほうが強いかな。
力強く、強引で、研ぎ澄まされた鋭い男。
素敵だと思う一方で、彼の存在が物語を一気に少女マンガ的な色に染めてしまったような気もしていて。
彼が、白亜やスケキヨと対照的な生身の人間の象徴として生きているならば、もっと泥臭い感じでもよかったのかなと。
私見ですが。
た行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/24

「代筆屋」 辻仁成

代筆屋 (幻冬舎文庫)代筆屋 (幻冬舎文庫)
(2008/04)
辻 仁成

商品詳細を見る

★★☆☆

何かを待つ、というのは大事なことだ。待っているものが来ると信じているあいだは、不思議なほどに力が湧く。手紙を待つ、という行為には生きる希望が潜んでいる。手紙を書くことには力がいるが、手紙によって勇気が生まれる。私はその力を信じてみたかった―。手紙の代筆で人助けをする、売れない作家の日々。人生観を変えるハートフルストーリー。
「BOOK」データベースより


紹介文を読んで読んでみたくなり、久々に辻さんの本を手に取りました。
ご自身の実話がモチーフになっているのか、それともその体で書かれているのかよく分からなかったのですが、ある作家が売れない時代に代筆屋として稼いでいた頃の、10のお話です。

代筆の手紙は、ちょっと独りよがりだと思うものが多かったかな。
なかでは、第8章『八十八歳の私より』の最後の手紙が、違和感なくよかったと思います。
でも、できればそれを相手には渡さないでいてほしいな、とも思いました。

手紙の代筆を請け負うなかで、人生相談さながらに、依頼主の考えを諭したり、後押ししたりと、いい方向へ導いていく話も多数あります。
代筆という仕事の出来そのものよりも、依頼主の心情に揺さぶりを起こすことのほうが、私には大きなことのように思えました。
だから個人的には、結局その代筆の手紙を渡さなかったパターンの話のほうが好きです。

というのも、読み物としては面白かったのだけど、手紙を代筆するということそのものになんだか疑問を感じてしまい、そこにひっかかりを感じたまま読み終えてしまったからです。
>>続きを読む
た行その他 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/02/27

「ギフト」 日明 恩

ギフトギフト
(2008/06/17)
日明 恩

商品詳細を見る

★★★☆

作者の日明恩さん、たちもりめぐみさんと読むそうで、すぐに読み方を忘れそうだ(笑)
感想を書く前に図書館へ返したので、簡単にメモ。

※以下、ネタバレ箇所あり、です。
>>続きを読む
た行その他 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。