--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/28

「クジラの彼」 有川浩

クジラの彼クジラの彼
(2007/02)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★☆

男前でかわいい彼女たちの最強恋愛小説。
「BOOK」データベースより


久しぶりに有川浩さん。
お得意の自衛隊を舞台とした、恋愛短編集です。
私自身がテンションの低い時期だったので、読むタイミングを間違えたかなと思います。
面白かったけど、あまり萌えなかったな。

未読の作品のスピンオフが多かったせいもあるかもしれません。
下地があってこその面白さもあるだろうし、先に「海の底」と「空の中」を読んでおけば、また違った思い入れもあったのかも。
あと、有川さんの作品は長編のほうがはまれます、個人的に。
スポンサーサイト
有川浩 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/07/29

「別冊 図書館戦争Ⅱ」 有川浩

別冊 図書館戦争〈2〉別冊 図書館戦争〈2〉
(2008/08)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★☆

大好評『図書館戦争』シリーズ、スピンアウト第2弾!そんで、結局あの人たちは?これにて幕引き。
「BOOK」データベースより



ああ、これで図書館戦争シリーズも読み納め。
少し寂しい。

ハッピーエンドで終わるこのスピンオフ本、これぞ大団円!とは感じないのは、話のなかの事件が、あまりに後味が悪かったから。
それに、意外性のない展開だったのも、予定調和に感じました。
怪しい奴だと思った人物が、そのまま本当に悪い奴だった(笑)
解決したけど、爽快感もなかったですね。
むしろ、ぞっとした。
シリーズの最終話なので、もうちょっと気持ちよく読み終えられたらよかったなと、ほろ苦い思いが残ってしまいました。
別冊Ⅰがベタ甘だったので、少し締めたのでしょうか。

なんて辛口なことを書いてしまいましたが、好きなシリーズのエピソードを、別冊の形でより多く読めたのはファンとしてやっぱり嬉しいです。
みんな幸せになってほしいし、きっとそうなるだろうなぁ。
シリーズ通して、ドキドキ、ニヤニヤの時間をたくさんありがとうございました。
有川浩 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/02/09

「ラブコメ今昔」 有川浩

ラブコメ今昔ラブコメ今昔
(2008/07/01)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★☆

突っ走り系広報自衛官の女子が鬼の上官に情報開示を迫るのは、「奥様のナレソメ」。双方一歩もひかない攻防戦の行方は?(『ラブコメ今昔』)。出張中新幹線の中で釣り上げた、超かわいい年下の彼は自衛官。遠距離も恋する二人にはトキメキの促進剤。けれど…(『軍事とオタクと彼』)。「広報官には女たらしが向いている」と言われつつも彼女のいない政屋一尉が、仕事先で出会ったいい感じの女子。だが現場はトラブル続きで…(『広報官、走る!』)。旦那がかっこいいのはいいことだ。旦那がモテるのもまあまあ赦せる。しかし今度ばかりは洒落にならない事態が(『青い衝撃』)。よりによって上官の愛娘と恋に落ちてしまった俺。彼女への思いは真剣なのに、最後の一歩が踏み出せない(『秘め事』)。「ラブコメ今昔」では攻めに回った元気自衛官、千尋ちゃんも自分の恋はいっこうにままならず…(『ダンディ・ライオン―またはラブコメ今昔イマドキ編』)。
「BOOK」データベースより



最近一言感想しか書けてませんが、今回も短い感想にて。

面白かったのは面白かったです。
でも、いつものようにページをめくる手が止まらない、とはならなかったかな。
私は、有川浩さんの本は長編のほうが好みなのかなと思いました。
世界にどっぷりはまってキャーキャー赤面しながら読みたいのかもしれません(笑)
それには、短編だと短すぎてしまうのでした。

一番心に残ったのは「秘め事」です。
平和に過ぎていく物語のなかで、ガツンと頭を殴られたかのような気持ちに。
そういうことが本当によくあるのだなと、あとがきを読んで思いました。
>>続きを読む
有川浩 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/20

「別冊 図書館戦争Ⅰ」 有川浩

別冊 図書館戦争〈1〉別冊 図書館戦争〈1〉
(2008/04)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★★

『図書館戦争』スピンアウト・別冊シリーズ第一弾!武闘派バカップル恋人期間の紆余曲折アソート!
「BOOK」データベースより


別冊は、郁と堂上の恋愛路線が主軸の超甘甘なお話でした。
柴崎の言葉を借りれば。
「だーっ、もうやってられん!」
です(笑)

私は、「図書館革命」のエピローグを読んで、えー!それまでの経緯をはしょんないでよと思いながら、直後にこちらを読んだので、満足度はとても高かったですけども。

こっ恥ずかしくってあれこれ書けません。
ラブでお腹いっぱい。
有川浩 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/20

「図書館革命」 有川浩

図書館革命図書館革命
(2007/11)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★★

正化三十三年十二月十四日、図書隊を創設した稲嶺が勇退。図書隊は新しい時代に突入、そして…。極上のエンターテインメント『図書館戦争』シリーズ、堂々の完結編。
「BOOK」データベースより



面白かった!
完結編ということもあって、大きな事件をまるまる1冊で取り扱っていて読み応えがありました。

政治的な説明などさらっと読めない部分もあるけど、展開がスピーディーだし、飽きさせない緩急のつけ方がとてもうまい(緩はもちろんラブコメ部分 笑)。
途中で読むのがやめられなくて、大変でした。

もちろん一番の名場面は235ページでしょう!
声にならない絶叫をあげてしまいました(笑)
にまにまと変顔してたので、読んでいたのが一人のときでよかったです。

エピローグで書かれてあった内容の飛躍にまた驚き。
それぞれの関係がどうなっていくのかもとても気になっていたので、休む間もなく「別冊図書館戦争Ⅰ」を続け様に読む羽目におちいってしまいました。
有川浩 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/07

「図書館危機」 有川浩

図書館危機図書館危機
(2007/02)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★☆

有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!!図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?そこで郁を待ち受けていたものは!?終始喧嘩腰でシリーズ第3弾、またまた推参。
「BOOK」データベースより



図書館シリーズ3作目。
2作目を読んだのが、なんと昨年の5月。
ずいぶん間が空いてしまいました。

突然続きを読んでも話に乗れるかなと少し心配しましたが、巻頭に簡単なあらすじと人物紹介があり、思い出し思い出し読み進めたら、もう有川さんの術中にはまってしまっていました(笑)
けっこう分厚い本ですが、ページを繰る手がとまらなくて1日読み切りコースです。

うーん、やっぱり面白いですね。
小説なんだけど、漫画(それも少女漫画!)を読んでいるかのような感覚に陥ります。
テンポもいいし、会話がとてもコミカル。
そして超ベタ甘(笑)

しばらく読んでなくて免疫ができてなかったんで、ニヤニヤがとまりませんでした。
この勢いで、続く「図書館革命」も予約しました。
早く続きが読みたいです。
有川浩 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/08/13

「阪急電車」 有川浩

阪急電車阪急電車
(2008/01)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★☆☆

阪急電車今津線。
8つの駅があり、片道15分ほどの路線なのだそうです。
その今津線を舞台に、電車に乗り合わせた人たちのそれぞれのドラマがリレー形式で描かれています。
乗ったことも見たこともない路線ですが、読んでいてどこか親しみの持てるローカル的な雰囲気が伝わってきました。

有川浩さんというと、ついつい図書館シリーズのような奇抜な設定や出来事を取り上げた話を想像してしまいますが、今作では電車のなかでひょっとしたらあり得るかもしれない日常が描かれています。
始まる恋、別れ、友情、いろんな思いを乗せて、電車は走ります。
一期一会の触れ合いもあれば、電車のなかでの出会いを通じてぐっと親しくなる人もいる。
まさに「袖振り合うも多生の縁」という言葉がぴったりな素敵なお話でした。
>>続きを読む
有川浩 | Comments(6) | Trackback(0)
2008/05/16

「図書館内乱」 有川浩

図書館内乱図書館内乱
(2006/09/11)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★☆☆
「図書館戦争」の続編をやっと読みました。
今回は短編もの、といっていいのか分かりませんが、脇役メンバーの小牧、柴崎、手塚らそれぞれにもスポットが当たったお話でした。
人物像がより深く描かれ、生い立ちや内側に抱えるものなどが明かされて、隙がないような彼らの存在が少し近くなった気がします。

また、前作は図書隊対メディア良化委員会のお話が主軸でしたが、今回は内乱、と銘打ってあるとおり図書館側の内部が主軸。
図書館に関わる諸問題に絡めて、組織内部の黒い部分や派閥間の軋轢、主義主張の対立、中立派の台頭、中央集権主義の介入などが各編にうまく織り込まれていて、一枚岩ではいかない組織の内情がよくわかるようになっていました。
それぞれのエピソードが独立した話のように見えて、それらの伏線が拾われて最終話につながるのですが、その構成はさすがです。
最終話は一気にひきこまれました。

免疫が出来たのか、それとも章ごとにメインの人物が入れ替わるからか、前作ほど怒涛の大興奮、というわけではありませんでしたが、要所要所で赤面・爆笑してしまうのは相変わらず(笑)

>>続きを読む
有川浩 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/11/12

「図書館戦争」 有川浩

図書館戦争図書館戦争
(2006/02)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★★☆

本好きで図書館にお世話になりっぱなしの私としては、このタイトルで読まないわけにはいきません(笑)
やっとやっと、図書館から予約が回ってきて読むことができました!
気がついたら、もうシリーズ完結巻「図書館革命」がでているではありませんか(苦笑)

―― 公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律として 「メディア良化法」 が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ!
敵は合法国家機関。 相手にとって、不足なし。 正義の味方、図書館を駆ける!

笠原郁、熱血バカ。
堂上篤、怒れるチビ。
小牧幹久、笑う正論。
手塚光、頑な少年。
柴崎麻子、情報屋。
玄田竜介、喧嘩屋中年。

以上六名が戦う 『図書館戦争』、ここに開戦!
メディアワークスHPより


設定のあり得なさはともかく、文体のあまりの軽さに、最初は一歩引いて読んでいたんですが、次第にそんなことも忘れて物語にどんどんのめり込んでいきました。
ページをめくる手がとまらないとは、このことです。
深く考えてはいけません、コミカルな流れに逆らわず身をゆだね、甘さに思う存分にやければいいのです(笑)
自分にそう言い聞かせるまでもなく、分かりやすいタイプの登場人物のテンポのよい会話がだんだんツボにはまってきました。

「塩の街」を読んだときもそうでしたが、有川さんの本を外で読むことはできそうにないです、真顔を保てなくて(笑)
こうなって欲しい、という期待通りにベタに事が進むのも気持ちよく、そうこなくっちゃね!と一人で悶絶(笑)
マスコミや世論のもつ力の怖さや、本などによる青少年への影響の有無など、現実で取り沙汰されていることも組み込まれ、軽いけど浅くはないエンターテイメントとして、そして作者がいうところの「月9連ドラ風」の王道ラブコメとして、おおいに興奮して楽しめました。

>>続きを読む
有川浩 | Comments(2) | Trackback(0)
2007/10/07

「塩の街」 有川浩

塩の街塩の街
(2007/06)
有川 浩

商品詳細を見る

★★★☆☆

図書館で予約している「図書館戦争」シリーズがなかなか回ってこないので、こちらから先に読んでみました。
こちらは、有川さんデビュー作+番外編 となっていました。

東京湾に巨大な白い隕石らしき物体が落下する。
それと時を同じくして、人が塩と化し、まるで塩の彫刻のようになっていく現象が起こる。
この塩化という奇病は、原因・感染経路・治療方法不明で、一度塩化がはじまったら塩と成り果てるまでとどまることがなく、さらにその被害は拡大していっている、という奇抜な設定です。

そんな機能も倫理も崩壊した街、東京で細々と暮らしている女子高生の真奈と、年が10近く離れた「保護者」秋庭、この二人に関わる人達の物語。
現実離れしていますが、妙にリアリティがあるので、すんなり話に入っていけました。

特にキャラが確立していて人物の心理描写が丁寧なので、感情移入がしやすいです。
今読んでも面白いけれど、高校生くらいのときに読めば、もっともっとどっぷり漬かることができたんじゃないかと思います。

『世界が終わる瞬間まで、人々は恋をしていた。
 その中の一つの恋が世界を救った。
 そのことを僕はこれから書こうと思う。』

切なくてとても素敵な、甘い甘い恋物語でした。
映像で見てみたい気がします。

話の中にでてくる歌「グリーングリーン」は学校の授業で習ったけれど、7番まであるなんて知りませんでした。

生と死、喪失と再生。
それに向き合うこと。知ること。伝えること。
大きなテーマが込められた深い歌詞だったんですね。
有川浩 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。